FC2ブログ

”春色のピンク”

森や林は未だ春色に乏しい、しかし、里は確実に春に突き進んでいる。

IMG_4574_20190216191110fd7.jpg

冬芽の硬い殻が弾けて更に白い綿毛が”春色のピンク”になってきた、これから雄花が弾けると黄色と赤の美しい姿になる。

散歩道も春を感じるこの頃、待ち望む季節が近づく。


相も変わらずいつもの散歩道。

IMG_4579_201902161911220ed.jpg

畦道に向かう途中の民家の鉢植えも明るい色が目立つようになってきた、花の名前は判らないが浮き浮き色だ。

IMG_4576_201902161911091c1.jpg

田圃道から振り返ったら雪山が見えた、滅多に見れない風景、遠くに伊吹山が見えていた。
よほど気象条件が良いのだろう、年に何回も見られる風景ではない、儲けたた気分だった。

畦道の真ん中は撮るものもない、横断して外周道路を歩いた、目的はあった、ピンクのネコヤナギの状態だった。

IMG_4575_20190216191110fa3.jpg

弾けていた、綺麗なピンクが白い綿毛の中で主張する、もう直ぐ雄花も弾けそうだ、待ち遠しい!

最近は体重の増減が少ない、脈を上げて歩くのも必要かも知れない、ここで調子の悪いカメラをしまった。

”歩け歩けオデブのmarukei”、畦を抜けて寺にも寄らず、岩屋堂にも入らずにいつも池まで一気通貫。

少々”ゼイゼイ”、お茶休憩で一息ついた。

IMG_4558_20190216191110ce3.jpg

雨が降らないので水が貯まらない神田池、カモも居ない・・・寂しい!

IMG_4525_2019021619111154c.jpg

遠くの高枝でイカルが鳴いて仲間を呼ぶ。

IMG_4522_20190216191111ee5.jpg

”チッ!、チチッ!”っとアオジが鳴いた、寒そうに丸くなっていた、まだ冬なんだ、marukeiも帰ろう。

毎日毎日の午後は決まった散歩の日常、この頃はそれが当たり前で最高の時間だと思う。
他のことは煩わしく思えるようになってきた、贅沢な日常を送る毎日だ。

コメント