FC2ブログ

” 咲き出したミツマタ ”

和紙の原料となる木であることは周知の事でもある、中国南部やヒマラヤ地方の原産種だという。
我が散歩道にもミツマタの木が一本だけある、花は毎春の楽しみでもある。

IMG_4823_201903031616430c6.jpg

大きく膨らんでいた蕾が花を開き始めていた、ミツマタは外輪から咲き始める、嬉しい早春の便りでもある。



車の駐車位置を変える必要があった、それなら食材の買い足しに行った帰りに直せば良い、ついでに散歩だ。
用を足したら岩屋堂へ車を停めた、寺の境内へ行ってから岩屋堂の渓谷を歩こうと考えた。

IMG_4826_201903031616428c6.jpg

フクジュソウの背丈も伸びていた、大きな白い粒が撒いてあった、栄養剤だろう、ご住職がお世話しているのだ。

IMG_4827_20190303161642064.jpg

シキミの花も開きかける。

IMG_4828_20190303161642d65.jpg

セツブンソウも新しい蕾が可憐な花を開きかける、昨年より数が増えた、ここにも白い粒が撒いてあった。

境内から裏参道への出口付近にミツマタの木が一本ある、膨らんでいた蕾を探した。

IMG_4824_20190303161643d11.jpg

嬉しや嬉しや!、この蕾だけが開花しだしていた、真っ黄っ黄の世界になるのは3月の中旬以降となりそうだ。

岩屋堂公園を歩いた、この時期は花もなし、野鳥の声も聞こえずの静かな鳥原川沿いを奥に遡った。
久しぶりに瀬戸大滝まで歩こう、途中の階段道での膝の具合が気になるが歩こう。

膝の痛みも出ずに大滝まで歩けた。

IMG_4829_20190303161641326.jpg

水量の少ない滝だった、滝の水が下の岩にぶつかるところが何やら虹のような色に見える、角度を変えた。

IMG_4830_20190303161714b4c.jpg

虹だった、久しぶりの七色、際立つように”極彩色モード”に設定、虹を写す、移動して日の当たる角度が変わる場所へ

IMG_4833_20190303161713496.jpg

目論見は大当たり、虹は滝の中断に現れた、綺麗だ!、更に上に移動して遠くに離れてみた。

IMG_4835_201903031617138ea.jpg

東屋越しに見える瀬戸大滝、美しく虹色に輝いていた、しばし見惚れた、来てよかった。

上の道路に出て左岸の道を見たら通行止めの柵が無い、工事が終了して通行可になった、喜んで左岸の道へ

IMG_4839_2019030316171240f.jpg

岩が落ちて通行人に当たらぬよう急な斜面に防護がアチラコチラに施工されていた、ありがたい。

IMG_4837.jpg

”夏ツバキ”が3輪花を開いていた、別名はシャラノキ、初夏に咲く椿だが・・・もう咲いていた。

左岸は野草や春の低木の花も多い、通行止め解除は嬉しい。

IMG_4841_20190303161712c71.jpg

”アブラチャン”だろうか?、冬芽が膨らみ始めた、岩屋堂の上部、渓谷の春が間近に迫っていた。

コメント