FC2ブログ

森の周回-その1

パソコンで悪戦苦闘の日々が続いていたので歩いていない・・・身体が鈍る、脳みそもボンヤリだ。
疲れた脳みそにはが自然が良い、頭も心も安らぐだろう、海上の森に出かけた。

屋戸湿地に向かう途中で黒っぽい蝶が飛んでいた、コツバメかと思ったがそれより少し大きい、追いかけた。

IMG_5317_2019032816211226a.jpg

”ミヤマセセリ”だった、嬉しい出会いだ、苦労して頑張ったご褒美だった。

春3月、4月だけ出現する貴重な蝶だ、絶滅、準絶滅などに指定もされている、年1回の出会いに喜ぶのは当然だろう。



屋戸湿地でピンクのハルリンドウを探そうと思っていた、まずは駐車場の裏にあるヤナギを見に行った。

IMG_5306_20190328162040d1c.jpg

”イコリヤナギ”、雄花が弾けはじめていた、赤と黄色が綺麗だ。

いつもなら四ツ沢から三角点へ登って反対側へ降って向かうのだが今回は山口の里から行くことにした。

車で来た道を戻る、屋戸橋から森に向かう。

IMG_5308_20190328162040e36.jpg

民家の庭は春の花で賑わう、赤ボケも美しい。

IMG_5309.jpg

黄梅も残り花を輝かせる、赤と黄色の競演だった、空き地を抜けてショートカット。

IMG_5311_2019032816203901c.jpg

前方の家の横から森に入る、海上の森の端の里は静かだ。

IMG_5312_20190328162038c18.jpg

咲きそろってきた”コブシ”の木を横目に見て森に入った、屋戸川沿いを上る。

IMG_5313_20190328162037230.jpg

大きな屋戸堰堤を超える、水はチョロチョロだ、堰堤を超えれば屋戸の湿地は遠くはない。

IMG_5321_2019032816211132e.jpg

堰堤の斜面にスミレの花が顔を出し始めていた、写していたら蝶が横ぎった、斜面をヨタヨタしながら追いかけた。

IMG_5314_20190328162112aae.jpg

”ミヤマセセリ”だ、それもオスよりも羽の白色が大きくて綺麗なお嬢様だ、直ぐに見失った。

湿地への分岐手前でまたしても蝶がいた。

IMG_5324_20190328162111054.jpg

今度も”ミヤマセセリ”、そしてオスだった、片羽が傷んでいた、オスは羽の色の模様がメスよりも小さい。

嬉しい出会いが続いた、足取り軽く湿地に到着した。

IMG_5330.jpg

久しぶりに訪れた屋戸湿地、大好きな場所だ。

IMG_5328_20190328162110b69.jpg

小さな青色が春の光に輝く・・・美しい世界だ。

IMG_5329_20190328162131438.jpg

ピンク色は”ショウジョウバカマ”、数多く咲いていた、目的のピンクのハルリンドウは咲いていなかった。

IMG_5327_2019032816211022a.jpg

”ハルリンドウ”、見飽きることが無い春の山野草、訪ねて良かった屋戸湿地、尾根を目指して後にした。

===(その2)に続く===


*おまけ*

苦しんだ新PCの格闘は本日午前に終えることが出来た。

IMG_5364_201903281621301c6.jpg

ヒューレッパッカード(hp)のノートPC、アカウントは長男の名前にした、背景画も長男の後ろ姿と
後立山連峰の写真、長男が燕岳へ登山した時に送られてきた写メを使った。

正直言ってwin10は少々儲け主義かも?、SSDに換装修理したwin7のシンプルさと爆走する超スピードの愛用機が良い。
本blogは愛用機で作り続ける、”サクサク”と処理が進む、快適だ!!

コメント