FC2ブログ

” モミジの蕾 ”

新しい元号の発表、「令和」。
そして今日はmarukeiの誕生日、エープリルフールの嘘ではない、長男から飛騨の銘酒、次男からは
新鮮な刺身数種のプレゼント、”良き日”だ。

寒気到来だが春を超えて萌えの季節にも進んでいる森の自然。

IMG_5433_2019040114580068e.jpg

モミジは葉を開き、そして”赤い蕾”をぶら下げ始めた、プロペラも開きかけている、新緑の季節は近い。



自宅から裏道を歩いて直接に岩屋堂へ歩いた。

IMG_5408_201904011457323e5.jpg

あちらこちらの斜面はスミレ天国、ほんわかとした気持ちになる、渓谷の左岸を歩いた、咲いていて欲しい野草がある。

nagabamomijiitigo.jpg

嬉しいナ!、咲いていた”ナガバノモミジイチゴ”、中部以西の林や森に咲く春の低木。

IMG_5412_201904011457328b1.jpg

下向きで清楚な花を咲かせる、岩屋堂ではこの場所しか見たことは無い、今年も愛でれた。

渓谷の左岸は春の木の花で賑わう。

IMG_5418_20190401145731298.jpg

黄色い花が多い、特に”ダンコウバイ”の黄色目立つ。

IMG_5414_201904011457310bb.jpg

春の木の花、特に黄色の花を咲かせる木の判別は苦手だ、アブラチャンと良くにているが”ダンコウバイ”だろう。

IMG_5417_20190401145731eed.jpg

”シロモジ”、これは木に名前札があった、ようやく咲き始めた。

IMG_5420_20190401145730c30.jpg

渓谷の奥は日当たりは良くない、ようやく”クロモジ”が満開近くになっていた、渓谷の左岸は木の花で賑わう。

kibusi_2019040114575985e.jpg

鈴なりにぶら下がるのは”キブシ”の花。

IMG_5422_20190401145803f44.jpg

望遠しなければ花かどうかは判らないほど小さな花の集合体、不思議だ。

久しぶりに瀬戸大滝まで歩いた。

IMG_5424_20190401145802d72.jpg

誕生日祝いの”虹”がかかる滝、”良き日”だ。

そのまま左岸を戻る、路傍はショウジョウバカマだらけ、撮るほどでもない、そのまま左岸を公園庭まで歩いた。

IMG_5428_20190401145802a0d.jpg

もみじ橋付近は萌えの季節にならなければ冬枯れ色は続く、もう少しだ。

IMG_5430.jpg

アオキの弾けた花に見送られて裏道から寄り道せずに自宅へ戻った。

夕食のメインは妻が作ってくれる、子供たちが大好きなオカズだ、板長は苦手だ。
刺身、ブリ大根、サラダ、ステーキは板長が作る、まずは包丁研ぎから始まる、賑やかな夕食なるだろう。

コメント