FC2ブログ

” 夏鳥1号 ”

森に入って直ぐに聴こえてきた一年ぶりのさえずり・・・「焼酎一杯グィ~(ショウチュウイッパイグィ~」
夏鳥がやってきた、”センダイムシクイ”の鳴き声だ。

IMG_5692_20190410160848ecd.jpg

高い枝でさえずるセンダイムシクイをようやく見つけることが出来た、”夏鳥1号”、いらっしゃい!。



春に出てくるシジミチョウに逢いたくなった、前回は探せなかった、見つけられなくても森の空気が吸えればよい。
気楽に森に長居すればよい、丹念に見まわしながらユックリと森を進んだ。

しきりにセンダイムシクイが鳴く、しかし姿を見せない、高い枝が好みの野鳥、諦めて前に進んだ。
大きな蝶が飛び出して飛んでゆく・・・停まってくれた。

kurokonomatyou.jpg

”クロコノマチョウ”という森に住む蝶、裏翅模様は”枯葉模様”、日中は暗い場所にいることが多い、今年の初見だ。

突き当りまで歩いたが目的のシジミチョウは居なかった、昨年に出会った場所に戻って右往左往しようと考えた。

IMG_5688_201904101608490f8.jpg

ネコノメソウが黄色くなっていた、花のない森に華を添えてくれる。

目的の場所手前でセンダイムシクイの声がする、時間はたっぷりある、声の方向を飽くなき見つめた。
動いた!、動けば撮れる、カメラよゴネルナと祈ってレンズを伸ばした。

IMG_5690_20190410160848568.jpg

枝越しだが撮れた、しかし暗い、慌てて感度を上げて見上げたが・・・そこに夏鳥は居なかった、残念!

目的の場所付近を行ったり来たりして時間をつぶした、そしてその時が来た。
小さくて紺色の翅をひらめかせ飛んできたシジミチョウ、「トラフシジミ春型」だ、停まれ!と祈った。

しかし停まったのはmarukeiより背の高い笹の裏、見えない!、離れて笹薮に体を入れて望遠した。

IMG_5694_20190410160848c08.jpg

少し見えた、独特の裏翅、そして尾の突起・・・全体の姿を見たい、逆方向へ移動して笹薮に体を入れた。

IMG_5696.jpg

ご尊顔だけが見えた、これが精一杯だ、考えた、小枝を拾って手前の笹を揺らした、別の場所へ移動してほしい。
アサハカだったmarukei、トラフシジミは飛び立ったが森の奥へ飛んで行った、ショック!

戻り期待で右往左往しながら待った、フラフラと奥から蝶が飛んできた、戻ったか?

IMG_5698_2019041016084640e.jpg

”ウラギンシジミ”のお嬢様だった、この蝶も今年の初見、待っていて良かった。

しばらくして諦めた、森から出た、往復たった1.5kmの森の道、1時間半も過ごしていた。

イトトンボの池まで歩いてみた、水が抜かれていた、新しい水を取水中だった、5月になればイトトンボだ。

IMG_5700_20190410160900da2.jpg

菜の花畑を横目に見て車に戻った。

目的のシジミチョウに出会えた、そして何よりも夏鳥1号、センダイムシクイにも出会えた、森は楽しい!!!

コメント