FC2ブログ

” 雨降りの日 ”

暖冬の影響だろうか?、例年ならとっくに咲きだしている山野草の花が遅れている。
桜もそうらしい、寒さがあってこそ蕾が弾けるらしい、暖かい冬だと花芽もボケでしまうのかも知れない。

IMG_5745_20190411151147cb3.jpg

昨年より一週間以上も遅れてようやく咲いた”ヒトリシズカ”、待ちに待った山野草だ。

しかし3株しか見当たらない、昨年は20株以上もあった、やはり暖冬の影響かも?



朝から風雨が強かった昨日、散歩は諦めようと思っていた、午後2時前に少しだけ雨は弱くなった。
風は強い、横殴りになると傘も役立たずだろう・・・それでも長靴履いて散歩に出かけた。

ラッキーなことに一時的だが風雨が弱まった、最初にヒトリシズカの地へ、咲いた安心した、いつもの散歩道へ向かった。

IMG_5749.jpg

ドウダンツツジが咲いていた、里の花は咲きだすのが早いのだろう。

IMG_5750_2019041115114661c.jpg

降る雨の粒を抱えて咲くのはシャクナゲ、日当たりのよい場所にあるので満開近かった。

IMG_5751.jpg

イワヤツデも満開近い、雨降りは白い花が美しく見える。

寒い日だ、気温は10度を下回る、カメラが濡れるので拭きながら写すので手がかじかむ、畦道に到着。

IMG_5753_20190411151145aab.jpg

川沿いの枝垂れ桜も満開近い、濡れた舗道に長靴が”ピチャピチャ”と音を鳴らす、吹きさらし状態、少々待った。
幸いに風が止んだ、雨も少ない、畦の真ん中を歩いた。

IMG_5760.jpg

ツクシ、今年はワシワシと土筆を採るオバサマが来ないのだろう、一面に広がるツクシ、スギナも顔を出す。

kasumagusa.jpg

カスマグサも咲いていた、極めて小さい花、傘をたたんで写した、濡れた。

畦の土手、4日ぶりだ、たった4日で様変わり、春の雑草が群れ咲きだしていた。

kometubugusa.jpg

コメツブグサ、春の畦の土手を蹂躙する雑草の代表格だ、どんどん増えていくのだろう。

畦を抜けて寺へ向かう細道。

IMG_5761_201904111512167c5.jpg

スノウフレイクと雨粒・・・・・雨に似合う花だ、雨は植物を活き活きとさせる。

IMG_5762_20190411151215302.jpg

ムラサキケマンも咲いた、株は数多くある、数日後はケマンだらけになりそうだ。

寺に寄らずに岩屋堂の入り口に向かった、少し大きめの野鳥がモミジの大木を移動していた。

IMG_5764_201904111512156e3.jpg
   <加工ソフトで無理やり明るくした写真>

”オオルリ”だ!、夏鳥2号だ、毎年岩屋堂の森にやってくる、暗い、設定を変更した、見上げたら居なくなっていた。

風が止んで雨は小降り状態、歩くチャンスだ、カメラを収納していつもの池まで歩き通した、そしてお茶休憩。
そして毎年に花が咲く場所を散策した。

IMG_5767_201904111512146f7.jpg

ナツグミの花が咲く。

IMG_5766.jpg

ヤエヤマブキ、開きかけの黄色、雨の滴が美しい!

そして鳴き声とともに野鳥が飛び出した、まだ北に帰らぬ大好きな野鳥だった。

IMG_5772_20190411151214de4.jpg

セイタカアワダチソウの枯れた種を食べていたのは”ベニマシコ”のお姉さん、渡りの体力をつけねばならない。

夏鳥も冬鳥も見れる季節、山野草も咲き出して散歩が一段と楽しくなる季節到来だ。

天気予報は夜半まで雨、強くならないうちに帰った、途端に雨が強くなった、”ラッキー!”だった。

コメント