FC2ブログ

” タンザワウマノスズクサ ”

二日続きの雨が止んで快晴の空、気温もグングンと上がる、早速に森に出かけた。
愛でたい野草が2種類あった、一つは”タンザワウマノスズクサ”、もう一つは”ハナイカダ”

まずはタンザワウマノスズクサだ、2ケ所にある、最初の地は蕾しか見つけられなかった。
次の地に向かった。

IMG_6248_20190502160144b8f.jpg

馬にかける鈴に似ることから名が付いたと言われている、神奈川の丹沢で見つかったウマノスズクサの変種。

不思議な形をしている、蔓性植物なので雑木の奥にあった、潜りこんで撮った。



海上の森、昨年見つけた場所へ歩いたが蕾しか見つけられない、帰りに詳しく見よう。

IMG_6269.jpg

ヤマサナエの仲間だろうか、ひっそりと草に停まる、トンボの季節がやってきている。

目的の場所に到着、蔓を確認して雑木の間を覗きこむ、奥に咲いていた、潜ってしゃがんで撮った。

IMG_6246_20190502160144553.jpg

”タンザワウマノスズクサ”、今年も愛でることが出来た。

もう一つの野草に逢いに歩く。

IMG_6251_2019050216014448a.jpg

森の入り口で”コマユミ”が開花しだしていた。

komayumi_20190502160214b2c.jpg

開き始めたばかりだ、期待していなかったので嬉しかった。

森の小川沿いを歩いていたら目の前から野鳥が飛び出した、水浴び中だったみたいだ、遠くの枝に停まった。

IMG_6253_201905021601431c3.jpg

キビタキ君だった、水に濡れた頬の毛が垂れ下がる・・・お爺さんの髭みたいだ、彼は羽づくろいを始めた。

驚かしたので撮ることを止めてハナイカダの咲く場所へ歩いた。

IMG_6258_20190502160143771.jpg

花を咲かせ始めていた、この野草も不思議だ、葉の葉脈に花を浮かばせる。

IMG_6263_201905021601429f7.jpg

葉の上に咲く花、筏に乗った人の見立てが名前の由来だといわれる、まったく不思議な野草だ。

二つの目的達成、戻っても良いが歩く事にした、森の出口から海上の里へ、周回して戻る。

連休で家族連れも歩いている、里の猪除けゲートの前で考えている、「通れますよ」と開けてあげた。

IMG_6264_20190502160216376.jpg

里の空き地に”ヒメウラナジャノメチョウ”が遊ぶ。

IMG_6265_20190502160216d93.jpg

一斉に羽化したのだろう、何頭も飛び交う、今年の初見の蝶、嬉しいな!

IMG_6266_2019050216021544c.jpg

ヤマフジの咲く道を夏鳥たちの囀りを聴きながら歩いた、そして最初の地にある蔓を丹念に調べた。

IMG_6268_20190502160215c01.jpg

ここも潜ったら見つけた、一つだけ花開いていた、しゃがんでいるのでそのままマクロで撮った。

良く歩いた、野草も愛でた、やはり雨より晴れが良い、どこへも出かけない連休は続く。
marukeiは365日連休だ、いつでも何処でも行けるのだが・・・、海に行きたい、計画しようかな?

コメント