FC2ブログ

” ツリバナ ”

季節になると見たい花の数も多くなる、前回は蕾だった森の花も咲いているかもしれない。

IMG_6275_20190503161128b91.jpg

”ツリバナ”、開いている花は少なかったが森の奥にひっそりと咲いていた。

丘陵地や森に当たり前に咲く木の花だ、花も可憐だが弾けた赤い実も素敵だ、季節がくると是非にも愛でたくなる。



海上の森、広久手側の森の奥に咲く、吉田川沿いを遡る。

azukinasi_20190503161129009.jpg

アズキナシだろうか、白い花弁を広げる、ガマズミやカマツカ等、似たような木の花が多い、marukeiには判別が難しい。

ツリバナが咲く場所まで歩いて開いた花を探した。

IMG_6272.jpg

殆どは蕾だが開いている花があった。

IMG_6274_20190503161128ca3.jpg

咲いてて良かった、ぶら下がるように咲いている、静かな森に似合う花だ。

赤池まで歩いて戻る、途中でカメラのオジサンに声をかけられた、「サンコウチョウ」いるかね?
声も聞こえなかったと応えた、そうか、サンコウチョウが渡ってくる季節だ、この森はカメラで賑わう季節になる。

IMG_6280_20190503161127911.jpg

淡々と歩いて出口近く、エゴノキの下を通っていて路傍の奥に白い花を見つけた。

IMG_6281_20190503161127d43.jpg

”タニギキョウ”の花だった、何年も通っている森・・・こんな場所にあるとは思わなかった。

IMG_6283_20190503161157a4d.jpg

山地や渓谷などに咲く山野草だ、栽培種も無い野草、標高の高い場所でしか見たことは無かった。

そして森の出口付近にタニギキョウが固まって咲いている場所があった。

IMG_6286_201905031611572d6.jpg

素晴らしい森なんだ、自然あふれる森が近くにある、歩ける幸せを思った。

歩きたり足りないので里の畑に向かった、ガードレールからはみ出した枝があったので見てみた。

kouzo.jpg

コウゾの木があった、ヒメコウゾかも知れない。

IMG_6289_20190503161156f0e.jpg

和紙の原料になる木でもある、雄花と雌花も写せた、やはり色濃い自然だ。

川沿いから山口の里の半分を周回した。

IMG_6405_201905031611562dc.jpg

ニワゼキショウも咲き出した里の石垣。

IMG_6407_20190503161155828.jpg

そしてお馴染みの”ツマグロヒョウモンチョウ”のお出ましだ。

春は過ぎた・・・”私の心は夏模様”。

コメント