FC2ブログ

”マッタリと時を過ごした”

夕食に使う生姜が無い、海上の森方面に出かけると自宅を通り過ぎて行かなければならない。
そんな事を考えていたら午後も2時を過ぎていた、出かけた先からの帰り道にスーパーがあれば最善だ。

瀬戸市上半田川(かみはだ)の山間の小さな畑地に出かけた、駐車地からは往復歩いても1kmそこそこだ。
そしてmarukeiの野鳥撮りの第2フィールドでもある。

IMG_6485_20190511155928d57.jpg

さすが我がフィールドだ、オオルリのお嬢さんが出てきてくれた、真ん丸お目目のお嬢様、出会うことが少ない夏鳥だ。



行き先場所は我が家から車で10分もかからない、歩き足りなければ東海自然歩道もある、暑い午後だった。

IMG_6469.jpg

狭い山間の谷の畑地がある場所、耕す人以外は訪れない静かな地だ、緑と青空を見ながらユルリと進む。

IMG_6467_2019051115585914c.jpg

ツボスミレが数多く咲いていた、この地はハルリンドウ等の野草も咲く自然豊かな地だ。

IMG_6478_201905111559283ad.jpg

ヘビイチゴにヒメウラナジャノメが遊ぶ。

この地を知ったのは現役引退後にやりだした近場の三角点探しだった、地形図片手に歩き回った
そして難儀した地だった、畑地から山に入って道なき道を探すこと3回目でようやく見つけた思い出もある。

とりあえず山の入り口まで歩いた、もう道型すらも無く荒れ果てていた、もう入れない、野草を探しながら戻った。

IMG_6468_20190511155859d6e.jpg

オオジシバリの黄色が綺麗だ。

IMG_6473_20190511155857f23.jpg

ノミノフスマも群れ咲く。

IMG_6470_20190511155858463.jpg

空き地はゲンゲの花で埋め尽くされ、ミツバチ達が飛び回る、癒しの空間だ。

野鳥ポイントまで戻って木陰で待った、オオルリの声が聞こえていたが姿は見えない、木々の中を見ていたら動いた。

IMG_6516_20190511155926caa.jpg

2羽動いた、暗い場所にいたのはメスのオオルリだった、もう1羽を探した。

IMG_6517.jpg

青い鳥、オオルリのオスだった、たぶん成立したカップルだろう、恥かしいのかオスは前を向いてくれなかった。
これから子育てが始まる、巣作りの場所を探しているのだろう。

これだけで30分以上経過していた、東海自然歩道を歩くのは止めよう、この場所で”マッタリ”することにした。

お茶を片手にあたりを見たり、耳を澄まして野鳥の声を聴いたりして”時を過ごす”、幸せな時間だ。

IMG_6474_201905111558575f7.jpg

忙しく飛び回るエナガは上手く写せない、marukeiも移動しないので遠い距離、それでも良い。

IMG_6480_201905111559284bf.jpg

今度はコゲラのお嬢様が飛んで来た、動かずに鳥任せの撮影だ、動きたくないmarukeiも珍しい。

時計を見たら1時間経過していた、そろそろ戻ろうと思っていたら近くに野鳥が飛んで来た。

IMG_6486_20190511155926e6a.jpg

別の個体の”オオルリのお嬢様”だった、若そうだ、黄色のくちばしが愛らしい、目も大きくて愛くるしい。

オオルリは青いオスが撮影対象でもあり見つけやすい、地味なメスは綺麗な鳴き声も無し、従って見つけにくい野鳥だ。

サンキューお嬢様、戻る事にした、車に近くなった木陰の森に白い花の野草があった。

IMG_6612.jpg

フタリシズカ、久しぶりに見た、岩屋堂の寺の境内に咲くことを失念していた、この地で見られたのは幸いだった。

往復1kmくらいしか歩かなかったが”マッタリと幸せな時を過ごせた”。

スーパーは帰り道、生姜と他数点を買って戻った、美味しい夕食を作って喜んで貰った、板長冥利だ!

コメント