FC2ブログ

”暑さでバテバテ散歩”

被写体の目的も無し、森も毎日のように歩いている、里でも歩こうかと思ったが暑い、迷った。
しかし体力も維持しなければならない、思い切って里の長い距離の散歩に出かけた。

結果は”暑さでバテバテ”、少し反省だった。

IMG_6519_2019051215180323e.jpg

残り1km少々、岩屋堂の入り口付近の木陰で休憩、目の前の”モミジのプロペラ”が綺麗だ。

marukei妄想・・・ドラエンモンのタケコプターがあれば飛んで帰れる、プロペラを見て思った、疲れていたのだった。



”思い立ったら吉日”、そんな勘違いは歩いてすぐにわかった、とにかく暑い、ほぼ真夏日の気温の午後。

町内を抜けて通学路へ

IMG_6492_201905121517228f0.jpg

民家の柵の間からダイナミックなクレマチスが午後の光に輝く。

通学路の民家脇も花で賑わう。

IMG_6490_20190512151722e89.jpg

ヒルザキツキミソウが花開く、淡いピンク色が綺麗だ。

木陰もない、暑い!、通学路から県道へ、わき道から畑を横断して岩巣山の南西側の山裾の里を目指した。

IMG_6495_20190512151722bcb.jpg

途中で見た雉、尾が無い、隣の里から遠征中だ、縄張りは広い、尾羽も少しだが生えてきているように感じた。

細い路地を歩き繋ぐ、かなりの距離を歩いてきていた、首筋に巻いたタオルで汗を拭く回数が多くなる。

IMG_6496.jpg

真っ青な夏空、焼き釜の煙突が当たり前の瀬戸の奥の原風景、そんな路地を繋いだ。

廃屋も多い、そんな場所にもたくましく咲き続ける野草も多い。

IMG_6498_20190512151721bce.jpg

白花タツナミソウの群落。

IMG_6497_20190512151721254.jpg

愛くるしいスズランの花も数多く咲いていた。

増々と細くなる地道を繋いでようやく山裾の小さな里、井山の里と呼ばれている場所へ到着した。

IMG_6503_20190512151750362.jpg

老齢人口の多い地区、田んぼも畑も耕す人は少ない、荒れ地が多い里を縦断した。

IMG_6506_20190512151750c47.jpg

草刈りがされていない土手はヒメコバングサに覆われる。

IMG_6499.jpg

スズメノエンドウを見つけた、極小の花だ、撮るのには苦労する。

里の荒れ地を縦断して細いが外周道を周回していつもの里へ向かった、そして迷う。
そのまま帰ろうか岩屋堂入口経由か、暑さでバテぎみだが気持ちを奮い立たせた、遠回りを決意した。

IMG_6511_20190512151749cec.jpg

久しぶり出会った百舌鳥、彼の真下を歩いて外周道路から田圃道へ入った。

IMG_6509_2019051215174941b.jpg

ケリが居た、近づくと威嚇される、子育て中だろう、遠くから写して回れ右、外周道路へ戻った。

IMG_6500_20190512151750fc0.jpg

民家の庭先に咲くオダマキを写したらカメラを収納した、背中も汗でびっしょり、遠回りを少しだが後悔し始めていた。

ダラダラしたら熱射病になってしまう、タオルで頬かむりして淡々と歩いた、寺にも寄らずにいつもの裏道を歩いた。

IMG_6524.jpg

ニセカシヤが咲くいつもの池で休憩もせず、ひたすら歩いて自宅に戻った。

7km近くは歩いただろう、疲れより暑さで体力が奪われてしまった、必須の帽子も無し、団扇も無し
暑い日の必須アイテムを持たなかった反省しきりだ、それにしても5月中旬の暑さではない、今夏は暑いのかも?

コメント