FC2ブログ

”散歩は不可”

数年前から大きくなりだした背中のこぶ・・・脂肪腫、最近は半端なく大きくなってきていた。
でも医者に行きたくない、理由があった、しかし背中なのでベットに横たわっていても痛い、決断した。

いきなりのノミのような金具で背中のコブを突き刺して穴をあけた医師、”深いな!”グリグリと掻き回す。
思わず反り返る、右足が攣りそうだ、強烈な痛みだった。

結果は様子見、二日後に切開するか決めるという、風呂禁止、汗禁止、散歩ができる状態ではなかった。

IMG_6858.jpg

黙っていても痛いが寝る方がもっと痛い、我が家の庭なら大丈夫だ、長男が育てている”春まきミズナ”と”春菊”
大きくなってきている、間引きした野菜をサラダで食す、新鮮で超美味い!

十数年前、やはりオデキが出来て公立病院に出向いた、若い医師、”脂肪腫”だという、直ぐに処置と言う。
麻酔も無しでいきなりメスで切り裂かれた、そしてかきまわす、失神するくらいの痛さだった、涙と汗だった。

脂肪腫は原因の脂肪の袋を取らなければ再発すると医師は言う、その時も深いといって更に切られた。
その時の痛みを身体が覚えている、医者に行きたくなかった理由はそれだった。

IMG_6857_20190521161307ef2.jpg

長男は”春大根”も種から育てている、少しずつ白い部分が大きくなっている、ブリ大根にしよう、料理はmarukeiだ。

先生に十数年前の出来事を言った、「再発は不幸だったネ」、医師の言葉、要は十数年前は失敗だったのだ。

marukeiは言った、お願いだから麻酔を使って切開してください、「わかった」と医師、恐い!!!

IMG_6859_20190521161306843.jpg

我が家の庭の一画、長男がこさえた家庭菜園、手前は妻の紫蘇畑、熊はmarukei、妻は赤ベコ、イノシシは長男
傘の中で仲良く畑を見守っている。

さてどうなるか、少しは腫れが引いて痛みも軽くなったが未だモッコリと脂肪腫の大きなシコリがある。
”切開確実”だろう、今度は妻が付き添ってくれる、運転できないかも知れないからだ。

そうなると散歩は当分できないだろう、記事用のストック写真は2回分、更新が途絶えないように頑張ってみるが・・・。
  • カテゴリ:その他
  • コメント:2件

コメント