FC2ブログ

”初夏のお花見デート”

毎日毎日、”痛い!”、”歩けない”の記事ばかりではご訪問される方々にも飽きられてしまいそうだ。
最後のストック写真で記事を書くことにした。

買い物と散策を企てて妻を誘って出かけた、買い物後に座りなれた東屋で”外飯”を美味しく食べた。
そして初夏の花咲くセンター内を仲良く歩いて散策、”お花見デート”と洒落込んだ。

IMG_6852_20190525154842683.jpg

ロックガーデンの際で”キキョウソウ”が咲いていた、初夏の光に美しく輝いていた。



長男はスタイリスト、毎日帰りが遅い、食事を楽しむ事もないのが実情だ。
次の日が休みの日は少々帰りが遅くてもゆっくりと食事がとれる、好きな食べ物を用意しようと考えた。

”焼き鳥”が大好きなので妻に提案、ご用達の豊田市郊外に車を走らせた、買い物中に”外飯”も調達
県緑化センターに到着して”外飯”場所へ・・・風のない暑い日だが日の当たらない東屋で美味しく食べた。

IMG_6828_201905251548167c1.jpg

食後に散策、センターへ向かう途中に初めて見る花が咲いていた、”アカバナエゴの木”と表札があった。

IMG_6829.jpg

エゴの木の花は白色しか知らない、ビックリした、薄桃色の花も綺麗だ、幸先の良い散策の始まりだ。

kinkei.jpg

この黄色い花も初見の花、”キソケイ(黄素馨)”と表札がついていた、モクセイ科の花らしい。

IMG_6831_20190525154815277.jpg

センター入り口手前の大きな木が真っ白だ、”ヒトツバタゴ”、ナンジャモンジャとも呼ばれる、絶滅危惧II類 (VU)だ。
岐阜、愛知、長野に自生している、妻の在所、中津川市は国の天然記念物(「ヒトツバタゴ自生地」)に指定されている。

IMG_6834_2019052515481584d.jpg

トチノ木の花を見ながらメインストリートをオーストラリア庭園に向かった。

IMG_6845_20190525154843c77.jpg

ヒメジョオンに遊ぶツマグロヒョウモンを見ながら庭園の奥に向かった、小さな池の花が目当てだった。

IMG_6843_20190525154844fad.jpg

”アサザ”の花、昨年は時期を外して見ることが出来なかった、この花も準絶滅指定種だ。

syoujyoutonbo.jpg

池の周りでアカトンボが飛び回る、”ショウジョウトンボ”、一番早く出現するアカトンボ、希少種扱いの県もある。

庭園を後にして岩庭(ロックガーデン)に向かう、路傍には花が咲く。

himeutugi_20190525154816d6e.jpg

”ヒメウツギ”の生け垣。

hatakenira_201905251548168e2.jpg

道路と石垣の隙間には”ハタケニラ”が数多く咲いていた、北アメリカ原産の侵入外来種、駆除対象の野草だ。

IMG_6848_20190525154843c6c.jpg

岩庭に続く道、一時的にお天道様が雲に隠れて歩きやすい、相も変わらず妻に置いていかれるmarukeiだった。

ナツエビネやスズランが終わって花数が減った岩庭を散策した。

IMG_6850_20190525154843fd2.jpg

”キリンソウ”が黄色く群れ咲く、華やかな一画があった。

IMG_6855_20190525154842f5b.jpg

こちらは”マンネングサ”、花の形がキリンソウと良く似ている、多肉植物独特の厚み感が良い。

IMG_6856_20190525154859aaf.jpg

咲き始めた”キキョウソウ”にヒメヒラタアブがホバリングする、和みの風景があった。

暑いので散策を切り上げて帰ることにした、昭和の森を抜けて下道に向かう、渋滞予定の看板が目につく。

6月2日、全国植樹祭が愛知県で開催される、天皇、皇后様が昭和の森にお立ち寄りになるらしい。
渋滞とう言うよりも交通規制だ、その名の通り”昭和の森”は昭和天皇が植樹された森、お立ち寄りも当然だろう。

この写真日記で散歩ストック写真が底をついた、来週の月曜日に診察、今日も風呂、汗かき禁止の指示が出た。
身近な出来事などを拾えれば更新が継続できる、頑張ってみる。

コメント