FC2ブログ

”落胆のmarukei”

通院、今日は2番目の受付、予約優先だから呼ばれたのは8番目だった。

「どれどれ、今日で卒業かな?」、喜ぶmarukei、切開場所を消毒して調べる、「ダメダ!」の一言・・・。
看護師に指示が飛ぶ、「消毒ガーゼ2枚押し込む」、これは2回経験した、とにかく猛烈に痛い処置だ。

IMG_6990_201905311441571dd.jpg

今にも雨が落ちそうな曇天の午後、失意と落胆、そして切開場所が痛む、モンモンとしているより外が良い。
”ナツグミ”が色づいて熟し始めた、marukeiの背中は熟して欲しくは無い。

病名はたぶん”粉瘤”、そして炎症を起こしていたのだった、googleで検索していたら同様な経験のblogを見つけた。
やはり何日も通院、そして膿の搾りの痛さ、ガーゼの押し込みの痛さは涙しかないと書いてあった。

IMG_6986_20190531144158844.jpg

今日も言われた、「濡らすな」、「暴飲暴食は控えろ」、汗かき散歩は出来ない、車で通学路へ
”ナツハゼ”の場所で停めて眺めて写した、愛らしさで痛みが和らいだ気がする。

アクリノール液で浸した細長いガーゼを押し込む、半端無い痛みに反り返る、イタタタタ、「もう少しだ我慢して」の声。

処置終了、「根は残るが今最善の処置しかない」、「明日も来て」・・・通院と痛い処置の続きが確定。

岩屋堂の駐車場でしばらくたたずんだ、今日は通院の卒業間違いなしと思っていた、落胆は大きい。

IMG_6989_20190531144157eef.jpg

空き地に駐車していつもの池を眺めた、水は満水時の6割強まで回復していた。

根が残っているので再発は確実だろう、調べると膿を出して落ち着いた2ケ月後に再手術で根を取り出すのが一般的らしい
marukeiも最初は十数年前に切開したのが再発したのだ、根の袋が破れて炎症、他の場所に拡散して大きくなった。

再発しても十年以上、齢80歳を超えるだろう、それまでにお迎えが来そうだ、再手術はどうしよう?
それよりも傷がふさがってほしい、風呂も入りたい、散歩もしたい、そっちが辛い毎日だ。
  • カテゴリ:その他
  • コメント:2件

コメント