FC2ブログ

”梅雨の雨と蝶”

未明から強い雨が降った、予報は10時過ぎまで曇り、チャンスだ、朝7時50分、ミドリシジミを探しに車に乗った。

途中から雨が落ち始めた、ゼフィルスは雨の日は活動がにぶる、やはり写せる場所には居なかった。

IMG_7189.jpg

段々と強くなる雨脚、諦めて活動している蝶を探して撮った、雨粒を抱えた草に”ツバメシジミ”が休んでいた。
大きな雨粒と裏翅模様が可愛らしいシジミチョウ、これも自然の姿だ、ゼフィルスには運が無いだけだろう。



滅多に朝から出かけることが無いmarukei、妻に見送られて車に乗り込む、しかし、直ぐに細かい雨が降ってきた。
高速道路の赤津IC付近で雨は強くなってきた、帰ろうか?、迷ったが行くことにした。

到着して傘を開いてミドリシジミを探した、木のテッペン付近で3頭が飛ぶ、望遠して一瞬見えたがダメだった。
そのうちに木々の奥に入っていて姿を見ることはなかった、他の蝶はいるので蝶の写真にした。

IMG_7200_20190611153645f11.jpg

雨は少し弱くなった、ヒメアカタテハが地面に停まった、水分補給?

IMG_7185_20190611153619272.jpg

アザミにツバメシジミ、瑠璃色タイプみたいだ。

IMG_7202_20190611153645ba7.jpg

ツバメシジミが多い、ヒメジョオンにも別の個体が停まる。

IMG_7203_20190611153644a33.jpg

この個体も瑠璃色の表翅だった、綺麗な色に感動。

奥に歩いた、長靴なので平気の平左、雨だけが鬱陶しい。

IMG_7198_20190611153617649.jpg

キアゲハ。

IMG_7188.jpg

ベニシジミはまだ春型だ。

IMG_7210.jpg

別の個体のベニシジミ、微妙だが春型だろう、表翅の模様で判別がつく、夏型は黒い部分が多くなる。

IMG_7204.jpg

ゼニアオイにモンシロチョウ、撮っていたら雨脚が強くなってきた、ヤバイ!、戻ろう。

IMG_7193_20190611153618b67.jpg

黒色タイプのツバメシジミが飛んできて翅を開いた、濡れながら撮った、カメラも濡れた。

ミドリシジミが居そうな場所まで戻って雨中の木の葉を探したが当然に姿無し。

hime_20190611153619424.jpg

木々の奥から”ヒメジャノメ”が出てきてくれた、サンキュー!

午前9時20分、帰ることにした、雨は半端なく強くなった、早い帰りに妻が驚く、カラブリ報告をした。

それからは夜まで強い雨が降り続けた、全国的にも強い雨だったとTVニュース、梅雨だから仕方なし。
飽くこともなくミドリシジミや未だ出会えていないゼフィルスを探す散策は続きそうだ。

コメント