FC2ブログ

” モートンイトトンボ ”

希少なイトトンボが生息していた田んぼが埋め立てられて宅地になった、ガックリだがしかたが無い。
昨年は隣の田んぼで少しだが見つける事が出来た、今年はその地に三回訪ねたが見つけられないでいる。

トンボの名前は”モートンイトトンボ”、開発が進んで絶滅危惧種にも指定されている、7月には見れなくなりそうだ。
確実に見られる地に行った。

IMG_7632.jpg

苦も無く見つける事が出来た、可愛らしい”ハートの目”、橙色の姿、オスのモートンイトトンボ、訪ねて良かった。



我慢できなくなった、行き先は豊田市郊外、”豊田自然観察の森”、事前に居る場所の地図を頭に叩き込んだ。
自宅から高速道路2区間、気がせいていたので高速道路を使用した。

何度も来ている森、最短は展望台経由だが急な階段があるはずだ、膝に悪い、古い記憶で別道を選択した。
これがいけなかった、辛い階段の連続・・・40分前後もかかってしまった。

IMG_7618_20190624160408397.jpg

百段以上の階段を登り、それ以上の階段を下り、膝が痛い、最後は細い急な狭くて急な階段を下りて湿地に到着。

IMG_7620_201906241604089c0.jpg

広大な湿地、イノシシ対策で全て電柵で囲まれていた、跨いで中に入る、モートンイトトンボを探した。

IMG_7629_201906241604077fb.jpg

小さいイトトンボ、普通のイトトンボより更に小さい、オレンジの点が移動していた、直ぐに見つけた、”美しい!”

IMG_7630.jpg

お嬢様は目の色も違う、ツチイナゴと見つめあう、可愛い!

IMG_7628.jpg

区分けされている地を半周しただけで次々と見つかる、こんなに数を見たのは初めてだ。

IMG_7636_20190624160438e82.jpg

極彩色モードでメスを撮った。

IMG_7640.jpg

光学最大倍率、近くにいるからこんなに大きく撮れる、楽しい!

IMG_7635.jpg

背後からも大きく写す、頭から尻尾まで2~3cmくらいしかない極小イトトンボ、上手く写せている。

一区画を2周した、満足なので湿地の野草を探した。

IMG_7643_20190624160437507.jpg

キキョウソウ。

IMG_7621_20190624160407e78.jpg

”半夏生”だ、夏が来ている。

omodaka_20190624160505e68.jpg

二つ離れた区画の水際に”オモダカ”が咲いていた、湿地の野草だ、撮っているとモートンが飛んで来た。

IMG_7646.jpg

美しい個体のメスだった、離れた区画にも居る、嬉しい、どんどん増えろモートンイトトンボ。

tigozasa_201906241605059f7.jpg

”チゴザサ”の可愛い姿を最後に電柵を跨いで湿地を後にした、とにかく暑い日だ、最短で戻りたい。

決意の展望台経由にした、辛い段差のある階段を休み休み登った、疲れた、急に別な考えが閃いた。

何年か前に新しく管理練が建てられた、旧管理練は展望台から近い、そして国道に近い、迷わず向かった。

kutinasi.jpg

クチナシが咲いている森の道、階段も無く快適だ。

IMG_7647_20190624160506eb0.jpg

キビタキのお嬢様の見送りつきだ、ラッキー!

IMG_7651_20190624160506315.jpg

ほどなく国道に合流、風が流れる、緩やかな下りを300m弱歩けば駐車場に着く。

IMG_7653_201906241605069b7.jpg

堂々の正面玄関に到着した、膝も痛まず、良いアイデアだった、帰りは下道、ゆっくりと帰った。

豊田市の施設、希少種等の自然、持続性を考えている、この地に毎年通いそうだ、嬉しい森だ!

コメント