FC2ブログ

“ アキノタムラソウ ”

夏の野草だが”アキ”の冠名を持つ野草がある、咲き出しているだろう、林道から市道で周回した。

IMG_8104_201907101550268a8.jpg

咲いていた”アキノタムラソウ”、季節になれば森や山道、里でもみられる、季節を感じる野草だ。



距離も歩きたいので海上の森へ出かけた、林道から海上の里へ、市道で戻る周回コースだ。

IMG_8115_20190710155042385.jpg

イヌヌマトラノオが咲く市道を四ツ沢へ歩いた、分岐の横の木で野鳥が忙しく飛び回る。

IMG_8096.jpg

メジロだった、アメガシワをついばむ。

IMG_8097.jpg

森の入り口付近、この日も出会った”ムラサキシジミ”、歩くたびに出会う、惚れ込んでしまう。

森に入って野草を探した。

IMG_8098_201907101549591fd.jpg

目的の野草、”アキノタムラソウ”が少ないながら咲いていた。

IMG_8099_2019071015495942b.jpg

シソ科の多年草、淡い紫が美しい。

IMG_8103_20190710155027965.jpg

涼しい森の道、何やらか細い鳴き声がする、鳴き声は”ヤブサメ”だがどうやら幼鳥らしい鳴き声だ。

IMG_8102_20190710154958ff5.jpg

森の地面を移動する幼鳥、暗いので手ぶれてしまった、滅多に見ることのないヤブサメ、記念写真だ。

IMG_8095_2019071015500036c.jpg

森の道端は”ダイコンソウ”で賑わい始めていた、バラ科の山野草、森や亜高山に多い、艶やかな黄色花だ。

森の出口から海上の里へ向かった、猪除けのゲートを抜けて里に着いた。

IMG_8107_20190710155025d40.jpg

少しの陽射しも出てきた、開けた里は暑い。

IMG_8105.jpg

ノアザミが田んぼの土手を飾る、ノ~ンビリした景色に安らいだ。

市道を歩いて戻る、サテライトには寄らなかった、多度神社近くで”ツチアケビ”を見てみた。

IMG_8110_20190710155025cb9.jpg

咲き残っていたツチアケビ。

IMG_8111_2019071015502516c.jpg

ラン科の植物、秋にはバナナに似た真っ赤な実をつける。

IMG_8112.jpg

前回は開いていなかった”オオバノトンボソウ”が花を開いていた、やはり一株だけだった、減って欲しくない野草だ。

被写体も無いのでテクテク歩いて四ツ沢を超えて駐車場に向かった、雑木の葉にカマキリ発見。

usuba.jpg

”褐色型ウスバカマキリ?”、カマキリは褐色型と緑型がある、普通のカマキリの褐色型の幼虫かも知れない。

梅雨時期なってハンターの登場だ、我が家の庭、長男菜園がアブラムシなどに食われている、来てほしいハンターだ。

4kmくらいは歩いただろう、登り道、降り道、里の道より負荷がかかる、体力現状維持だろう、これでビールが飲める!

コメント