FC2ブログ

” 幼鳥との出会い ”

岩屋堂入口からの帰り道、上り坂でヒィコラしていたら横の林から野鳥が低く飛び出してフェンスに停まった。

kibitaki.jpg

自信は無いが”キビタキのオスの幼鳥”だろう、まだ幼い顔をしている、元気に巣立った、嬉しい出会いだった。



明日からの天気予報は悪い、一日中雨だ、午後からは強くなる予報、歩けるときに歩こう。
薄い肌着1枚だけだったので少し肌寒い、身体を温めたいので何も撮らずに畦道の外周道路を歩き続けた。

IMG_8131_201907111607547e8.jpg

ピンクのネジバナはキバナカタバミを背景に美しく咲く。

takasaburou_20190711160846e1d.jpg

水田と土手の際に咲いていたのは”タカサブロウ”、夏の雑草も賑わいはじめた。

IMG_8133_20190711160754e5c.jpg

ヤブカンゾウも咲き残る畑の際を歩いてレンゲショウマの場所へ向かった。

IMG_8134_20190711160754b16.jpg

一輪だけだったが可憐な花姿を魅せてくれた”レンゲショウマ”、大好きな花。

寺の境内を一周する前にイワタバコの様子を見に行った、今年はだめかも知れないと諦めていた。

IMG_8139_201907111607539cb.jpg

水分が大きく必要とされる山野草、2枚しか無かった葉が増えていた、そしてその中に花芽が出かけていた。
今年も愛でれそうな”イワタバコ”、足げく通うしかなさそうだ、諦めていたので超嬉しや!

境内の花模様。

IMG_8137_20190711160753150.jpg

キキョウ。

IMG_8136_20190711160753802.jpg

コスモス。

IMG_8141_20190711160822d16.jpg

”白花アザミ”にホバリングするヒラタアブ、癒しの世界に浸るmarukei。

寺を後にして岩屋堂の入り口に向かった、元仕出し屋さんの前でニャンコが何かを見つめる、蝶だった。

IMG_8162bc1.jpg

産卵のためにかんきつ類の葉を移動しながら忙しく舞う、”ジャコウアゲハ”のメスだ。

IMG_8152_20190711160822258.jpg

蝶が停まればニャンコの首も停まる・・・和やかな世界だ。

IMG_8167_20190711160822f2e.jpg

今夏、初めての出会いだった、森の蝶である”ジャコウアゲハ”、ニャンコに感謝だった。

岩屋堂へは向かわずに帰る道に入った、大分に歩いたので高架橋下の上り坂は少々辛い、下を向いて歩く。

そしてその時に野鳥の幼鳥との出会いがあった。

IMG_8176_201907111608475bd.jpg

幼鳥だとはわかったが野鳥の種類が微妙だ、幼鳥はサービス満点、横を向いたり体制を変えたりする。

IMG_8174.jpg

帰ってから調べた、背中の模様など等、”キビタキの幼鳥”とした、近くには営巣している林もある、間違いないだろう。

IMG_8170_201907111608215b1.jpg

色づき始めたモミジがあった、最初は病葉かと思ったが葉は傷んでいるように見えない、気の早いモミジとしておこう。

いつもの池近くでお茶休憩、雑木地帯を覗いてみた、期待のガガイモは咲いていなかった。

IMG_8179_20190711160846e18.jpg

アオツツラフジは蔓を絡ませながら小さな花を咲かせる。

IMG_8181_201907111608466a4.jpg

久しぶりにヒメウラナジャノメが撮れた、自宅は近い、歩き始めは肌寒いと思ったが最後は大汗状態で帰った。

毎年恒例の高山植物目当ての乗鞍遠征・・・雨の予報、宿の予約もギリギリまで保留、今年は行けるか?

コメント