FC2ブログ

” 花巡り ”

今にも降り出しそうな空、傘を持たなければ散歩は出来そうもない、しかし傘は邪魔だ。
降ってきたら直ぐに雨宿りが出来る場所が良い、濡れても最短で車に戻れる場所が良い。

そんな場所を思いついた、そこには初めて見る可愛らしい花が咲いていた。

gorensi sta-furu-tu

調べた、”スターフルーツ”の花、ゴレンシの呼び名の方が判りやすいかも、愛くるしい花だった。



思いついた場所は東谷山フルーツパーク、名古屋市が管理する公園だ、瀬戸と名古屋市の境目にある。
我が家から車で15分少々、公園の中を歩き回っても2kmあるか無し、お休み場所は多くある。

IMG_8188_20190713160154f7e.jpg

まずはメインストリートから外れた外周道、紫陽花ロードを歩いた、終わりかけの紫陽花だらけだった。

IMG_8191_20190713160153b9d.jpg

クリの実が大きくなっていた、あまり手入れされていない道、栗の木の枝下を潜り抜ける。

売り物のフルーツは多種、大事に育てられているが・・・もう少し歩きやすく手を入れて欲しいものだ。

IMG_8200_201907131602245b2.jpg

外周道から本道へ合流、戻ってキンカンの生け垣に花を見に行った、咲いていた。

その時だった、上空に大きな風切音が聞こえた、そして大きな鳥が旋回する。

IMG_8199_20190713160224662.jpg

西洋凧だ、帰って調べたら”鳥追いカイト鷹”と呼ばれる野鳥追いのグッズだった、大切なフルーツを衛るカイト鷹。

小さな花庭があるのでまたしても戻った。

IMG_8202_20190713160223a06.jpg

オミナエシが咲く。

IMG_8203_20190713160223f2f.jpg

ゼニアオイも元気に花開く。

庭を後にして果樹園に向かった、ナシ、ココナッツ、カリメロなど等、防護網で守られた中で育ち始めていた。

kaitotaka.jpg

防護網だけでは間に合わないのだろう、この上にも”カイト鷹”が唸りを上げて旋回していた。

IMG_8208_20190713160223149.jpg

ヒルザキツキミソウが咲く分岐から反対側の外周道へ入った、小さな池のある庭園道。

IMG_8211_20190713160223d84.jpg

道の手入れがされていない、”ヤマハギ”のすだれが通せんぼ、綺麗な通せんぼなので良しとしよう。

何もないのでお土産やを超えて熱帯植物館の玄関先へ歩いた、目的の花があるはずだ。

IMG_8213_2019071316025531d.jpg

ピンクの”アベリア”、生け垣になっていて壮観だ。

aberia_201907131601555f1.jpg

白いアベリアも今が最盛期だった、リンゴ園の横から岩庭に向かった、咲いている山野草はあるか?

nokannzou_201907131602543dd.jpg

”ノカンゾウ”だけが咲いていた、今夏初見だったので嬉しい。

岩庭の横の階段を登って梅園の外周から小さな水のない池跡に下った、湿地モドキになっていた。

IMG_8216.jpg

半夏生が群れ咲いていた、一周して帰ろうとしたら斜面に極めて小さな白い花を見つけた。

IMG_8215.jpg

葉が長いので”ナガバジャノヒゲ(長葉蛇の髭)”だと思う、触ってみた、硬い花なので間違いなし。

himeyaburan_2019071316015471e.jpg

数年前に一度だけジャノヒゲに出会った、滅多に見つけられない野草に感激したmarukeiだった。

IMG_8184_201907131601545d0.jpg

ヒメアカタテハが帰り道の舗道に停まっていた。

IMG_8217_2019071316025507a.jpg

ザクロの実の見送りで園外に出た、駐車場は近い、雨にも降られなかった。

途中のコンビニで”おやつパン”を買って帰った、待っていた妻に喜んでもらえた。

コメント