FC2ブログ

” ミヤコ草 ”

本日午前中に一泊二日の乗鞍岳山行と高山の地酒と美味いもの三昧から無事に帰宅した。
写真整理に時間がかかりそうだ、乗鞍岳山行記事は明後日からになりそうだ。

この記事は遠征の前日に多治見笠原の森散歩記事を2回に分けてエントリーすることにした。
野草2種を愛でる目的もあった、その一つがこの野草。

IMG_8261_2019071616051740e.jpg

”ミヤコ草”だった、マメ科の多年草、車道脇の高い斜面に毎年咲いてくれる、艶やかな野草でもある。


未だ見ぬ野草、”オトギリソウ(弟切草)”と”ミヤコ草(都草)”、二つを一回で見られる確率がある森が。
多治見市笠原潮見の森だ、雨は止んでいる、ソソクサと向かった、薬草園手前の駐車場に停めて歩き出す。

薬草園を一周して野草探し(次回の記事で薬草園の野草を紹介)、終えたらミヤコ草を目指して森の道を登る。

IMG_8244_20190716160451617.jpg

森の道で不思議な形のキノコを見つけた、童話に出てくる小人みたいだ、梅雨の長雨でキノコが元気なのだろう。

IMG_8245_20190716160451e80.jpg

早くも咲き出した”ノギラン”、期待していなかったので嬉しさ倍以上だった。

坂を上って少し下ると小さな湿地に到着する。

IMG_8250_2019071616045063c.jpg

この時期はなにも咲いていないだろう、草ぼうぼうの湿地だ。

IMG_8249_201907161604518a4.jpg

シオカラトンボがひっそりと停まる、トンボの背景に黄色い花が目に入った。

IMG_8248.jpg

終わりの時期だったが”カキラン”が草の間から顔を出していた、物凄い群落だ、知らなかった、大儲けの場所を見つけた。

アップダウンを繰り返して睡蓮池に到着、ノリウツギの花を探したが見当たらなかった。

IMG_8254_20190716160519141.jpg

清楚な睡蓮だけの池だった。

IMG_8256_20190716160518aa1.jpg

蒸し暑い午後、ヒノキと広葉樹が混じりあう森の道は涼しいので快適だ。

IMG_8251_201907161604508c7.jpg

ユラウラと飛んで来たのは”モノサシトンボ”。

IMG_8255_20190716160518e96.jpg

近くにはお嬢様も停まっていた、可愛らしい森のイトトンボ。

二つ目の大きな池の手前まで歩いた、森を過ぎれば山頂公園は目の先だが引き返して急な斜面にとりついた。
”ミヤコ草”が咲いているはずの車道に抜ける道だ、膝が笑うほど辛い坂だった、ドンピシャで車道に合流。

IMG_8257_20190716160518c30.jpg

場所もドンピシャ、反対側の斜面、高い場所に艶やかな黄色の軍団が見えた、ミヤコ草だ。

IMG_8260_20190716160518b24.jpg

望遠コンデジの威力発揮、美しい花をアップで撮ることが出来た。

seiyounokogiri.jpg

下の斜面に白い花、何だろう、帰って調べたら”セイヨウノコギリ”と言う名の帰化植物だった、綺麗な花の集合体だ。

車道を歩いて駐車場に向かう、途中から薬草園の外周道路に入ってみた。

IMG_8265_2019071616053514c.jpg

またしても不思議な形のキノコ発見、秋色のキノコだった。

IMG_8270_20190716160535592.jpg

ヤマモモの実が熟していた、撮り終えたら駐車場は極めて近い、雨に降られずに森を歩く事が出来た。

多少のアップダウンの負荷をかけたが乗鞍岳山行にはあまり役に立たないだろうが何もしないよりましだろう。
麓の天気も良くない梅雨の真っ最中、標高の高い山はどうだろうか?、長男の情報だけが頼りだ。

コメント