FC2ブログ

”クサギ咲く森へ”

一気に真夏の暑さが戻ってきた、体温を超える気温、こんな日は喜んで散歩や散策に出る気になれない。
しかし・・・歩けなければ健康の現状維持がままならない、距離も短く木陰も多い、森しかない!。

IMG_8810_20190817162005fb3.jpg

森の入り口に”クサギ”の花が咲き出した海上地区、吉田川沿いを歩いた。



養母のお世話、爪見せて?、嫌々されるが仕方なし、痛い痛いと嘆くがニッパーで削る、水虫爪はどうにもならない。
妻と二人、疲れ切って帰った、帰りに海老天とイカ天を買ってお昼はエビおろし蕎麦にした、好評だった。

寝ていても時が進まない、意を決して森に出かけた。

IMG_8823_20190817162028ae4.jpg

木陰は直ぐにきれて日なたの湿気のある路傍、ヌマトラノオが健在だった。

IMG_8814.jpg

日なたは暑すぎる、コカモメズルも花を閉じていた。

吉田第一池付近からは木陰の道となる、涼しい!!

IMG_8813_201908171620056f8.jpg

ツユクサも涼しげだ、この時期の森は野草が少ない、特に吉田川沿いは少なく感じる。

IMG_8815_20190817162004e43.jpg

路傍はダイコンソウのオンパレード状態だった。

IMG_8817_2019081716200457f.jpg

ミズヒキの赤も混じる、黄色と赤色、レンズの世界は美しく切り取れる。

森の奥へ進んだ、赤池の手前で木陰は少しの区間なくなるが直ぐに光が遮られる道になる。

IMG_8822.jpg

「♪、森の木陰でドンジャラホイ、しゃんしゃん手拍子足拍子・・」、そうしたいが元気が出ないmarukei、お茶大休憩。

赤池に行かずに木陰の道だけを散策した。

IMG_8811_20190817162005949.jpg

森の奥にもクサギが咲いていた。

IMG_8819_20190817162028115.jpg

ミズタマソウを見つけた、極めて小さくて愛らしい野草。

murasakihosi.jpg

ミソソバに遊ぶのはカメムシの仲間だろう、帰って調べた、”ムラサキホシカメムシ”と言う名のカメムシだった。

IMG_8893_20190817162027655.jpg

愛らしい”姫キンミズヒキ”を撮ったら帰り支度、氷嚢を麦わら帽子に入れてかぶる、冷たくて気持ち良い。

撮る被写体も無し、団扇を動かしながら熱気ムンムンの車内に戻った、往復1、4kmの短い散歩を終えた。

日にち薬などで体調も9割がた回復してきた、無理せず嫌な夏を乗り切りたいmarukeiだ。

コメント