FC2ブログ

”花めぐり”

戻った夏の暑さ、散歩の気力が失せてしまう、花めぐりでもしながら短い散歩にしよう。
瀬戸の隣、名古屋市の東谷山フルーツパークへ出かけた。

IMG_9015_2019082616000220e.jpg

”ナツズイセン”が綺麗な姿で咲き出していた、スイセンと名が付くが”ヒガンバナ科”の花だ、秋が近づく。



園内を一周して枝道を歩き回っても1km少々、暑い日の散歩には丁度良い、そして花も咲いている。

まずは”キンカン”の生け垣に向かった、運が良ければオオスカシバという蛾の仲間が見られる。

IMG_9018_201908261600013aa.jpg

残念無念、キンカンの花は2輪しか咲いていなかった、当然に昆虫もいなかった、小さな花畑に寄り道した。

momijiaoi.jpg

南国の花のように咲くのは”モミジアオイ”、北アメリカ原産の花。

IMG_9017.jpg

遠くから見ていた時はハイビスカスかと思った。

IMG_9021_20190826160001b81.jpg

ピンクの薔薇。

IMG_9020_2019082616000194b.jpg

白い薔薇。

IMG_9019_2019082616000187a.jpg

赤い薔薇。

園内は花が咲いているので飽きない散歩が出来る、暑さだけがいやらしい、逆上せそうだったmarukei。

外周道に合流して果物畑の間を歩いた。

IMG_9022.jpg

ヒマワリも元気がない、上段のヒマワリは枯れかけて下向き、下段は元気にお天道様に顔を向ける。

IMG_9024_20190826160034cc8.jpg

モンシロチョウがヒマワリの蜜を吸う、昆虫たちはヒマワリの蜜が大好きなんだろう。

IMG_9025_20190826160034acf.jpg

”タカサブロウ”も雑草の中から顔を出す、秋の気配が強くなってきている、日本庭園の外周を歩いた。

IMG_9026_20190826160033233.jpg

”コムラサキ”が秋色の実を魅せてくれはじめた、気温は真夏、自然は秋色に変化中。

IMG_9027_20190826160033d12.jpg

人の手が入っていない庭園の外周道、ヤマハギのトンネルが続く、花のトンネルは粋だ。

庭園を出て道路を横断、ロックガーデンへ歩いた、何も咲いていなかった、梅園から湿地に降りた。

IMG_9029_2019082616003253f.jpg

水の枯れた池に”オモダカ”が咲いていた、春から秋にかけて咲く湿地の花、(面高)は中国語の湿地と言う意味だ。

IMG_9030_201908261600496da.jpg

色づき始めた”ザクロの実”を写せば園の出口が近い、花めぐりを終えて車に戻った。

まだまだ日中は真夏だが、朝と晩は涼しくなった、エアコンなし、窓を開けて網戸状態、快適に眠れる温度になった昨今。
marukeiの心の言葉は「早く秋になれ!」、「涼しくなれ!」の二言を繰り返している。

コメント