FC2ブログ

トレーニングを兼ねて紅葉を見下ろす

いつもの散歩は岩屋堂、建立された薬師如来の歴史もわかっている・・・が
東海地方で有名な紅葉だが、岩屋堂を取り巻く山や森には落葉樹が少なく秋でも緑が多いのが実感。
モミジやカエデも公園メインストリートが主体、何か人工的な造形に感じる。

それではトレーニングを兼ねて自宅から歩いて岩巣展望台を周回して上から紅葉の実態を観察することにした。

P1140542.jpg
 <岩巣展望台から眼下に公園を見下ろす>

山肌には少々の紅葉が見られるが・・・やはりメインストリート沿いが主役、定植されたのかも知れない。

自宅から周回、約5kmのトレーニング、なまった太腿が少々悲鳴をあげた。


P1140570.jpg

寒さがハンパでは無い!、フロントガラスが凍結!
午前中はコタツのお守状態のmarukei・・・し あ わ せ!

妻のトレーニングジムが終了して帰宅を待った、帰宅後に妻は郵便局やら銀行やら、忙しい。
それではとペットボトルをカメラポーチにぶらさげて出撃した。

P1140530.jpg

目指すピークを望遠してみた、待ってておくれすぐ行くよ・・・などと独り言!
キョロキョロせずに岩屋堂祠横から東海自然歩道に入る、展望台まで約600mの急な登り。

P1140532.jpg

一歩森に入れば紅葉など無い、竹林を通って急な段差の道を喘ぐ、15分も頑張れば展望台直下の
岩の巣に着く、ここで寄り道(マネしないでください:危険)することにした。
数十年前に裏側から直登したのだが現在は道は無い。

P1140538.jpg

藪をかき分け、岩の間をすり抜けると断崖につく、高所恐怖症のmarukeiは1m手前がやっと!

P1140539.jpg

恐い~!でも良い眺めだ、やっぱり山肌に紅葉は少ない、常緑樹の森だ。

P1140540.jpg

展望台からは猿投山方面は見えないが、この場所からは見える、満足、満足、結局道は無かったので
正規の道へ復帰、5分程度で展望台に到着した。

P1140541.jpg
 <りっぱな展望所>

早速に眼下の公園を見る(冒頭写真)と紅葉はメインストリート周りだけだった。
望遠してみた。

P1140543.jpg

部分を切り取ると美しい紅葉だ!
本日は霞んでいるが遠くが遠望できる、ぐるり180度の展望台、伊勢湾が光っていた。

P1140548.jpg
 <デジタルタワーと伊勢湾>

名港大橋だろうと望遠してみた。

P1140556.jpg

伊勢湾岸道路と伊勢湾、タンカーがたくさん、何十キロも離れた港が見える、感激のmarukri。
高い場所は寒いので下山開始、帰りは瀬戸大滝に降る道、こちらは荒れているので注意と看板。

P1140558.jpg

登山客なら問題ないが、観光客はブーツやハイヒールで来る人も多い、今日もブーツで来て
下山中のカップルがいた、男性が手を引いていたがこんなに急な山道だとは思わなかった・・と嘆いていた。
marukieiはこのような道の方が良い、階段道路は苦手だ。

大滝道路に合流、一般客に交じって紅葉を楽しんだ。

P1140564.jpg
 <オレンジ色の紅葉>

P1140567.jpg
 <黄色の紅葉>

帰り道はカワセミの池経由、宝石は居たが枝には停まらない、オシドリはいなかったが
水鳥が遊んでいる風景に癒される。

P1140568.jpg
 <マガモ>

P1140528.jpg
 <オオバン>

池近くの四季桜も光に輝く。

P1140529.jpg

普段のノンビリ散歩と違って山道は少々疲れるが心と体が満足だと言っている。
2時間少々のトレーニング、好天の日に再トライを誓った。

コメント

トラックバック