FC2ブログ

”マツカゼソウ”

マツカゼソウは宮城県以南から九州の山地などに咲く野草、そろそろ咲いていても良い時期だ。
白い清楚な花を咲かせる多年草、期待を込めて森に出かけた。

IMG_9281_20190906154453f7c.jpg

一株しかなかったが咲いていた”マツカゼソウ”、marukeiが歩く近隣の森ではここでしか見たことが無い。
marukeiにとっては貴重な山野草だ、今年も無事に愛でる事が出来た。



昨年に見つけたマツカゼソウ、最初は野草の種が判らなかったが調べて判った、今年も見つけられるか?
自宅から極めて近い猿投の森(山路の森ともいわれる)に出かけた。

海上の森、山路のゲート前は満車、満車と言っても1台しか停められない、戻って随分手前の空き地に駐車した。
林道歩きだ、ゲートを抜けて林道を歩く、野草はキンミズヒキとシュウブンソウだらけ、撮らずに歩く。

IMG_9283_20190906154452ac0.jpg

ダイコンソウは種球になった、咲き残りもある、秋は深まりつつある。

IMG_9285_20190906154522b54.jpg

ミズタマソウも咲き残る、大好きな花なので何枚も撮った。

昨年に見つけた場所はアバウトだ、確かこの辺だろう、左右の林の縁を探した、そして見つけた。

IMG_9280_20190906154453bb0.jpg

マツカゼソウ、ミカン科の多年草。

IMG_9279_20190906154453183.jpg

今年も初秋の森を飾っていてくれた。

一つ目の目的達成、二つ目はアケボノソウの状況を見たいので林道を歩き続けた。
途中から東海自然歩道と合流、雲興寺分岐方面に歩いた。

IMG_9282_20190906154453a34.jpg

赤猿峠の分岐、ここから目的地まで緩やかだが上り一辺倒となる。

IMG_9286_20190906154522794.jpg

小さなヒメキンミズヒキの花に励まさせながらアケボノソウの地に歩いた、そしてガックリな事実があった。
数株群れていて保護策があった場所には一株も無かった、たぶん盗掘されたのだろう。

離れた目立たない場所にもある、道から外れた場所に2株あったが蕾だった、戻ろうか進もうか?

IMG_9290_2019090615452188a.jpg

写真より勾配がきつい一本道の林道、木陰なので頑張る事にした。

IMG_9292_201909061545210b9.jpg

ゼイゼイしながら分岐に到着、ここで休憩、そして思い出した、ここにはナナカマドの木があるはずだ。

IMG_9291_201909061545216f8.jpg

花を期待したが花芽もまだだった、秋には美しい紅葉が見られる。

ここで戻る事にした、戻り道は路傍の散策しながらゆっくりと歩こう。

IMG_9288_2019090615452221e.jpg

早咲きのアキチョウジが一輪だけ咲き残る、この野草も好きなので見つけると嬉しい。

IMG_9295_201909061545437cd.jpg

アキノタムラソウに小さなセセリチョウが停まる、”コキマダラセセリ”だった初出会いかも?
翅を開いて欲しいので待ってみたが飛んで行ってしまった。

この森はハギの花が少ない、斜面を探しながら歩いた。

IMG_9298_20190906154543c3e.jpg

見つけたヤマハギ、ここだけだった、秋の花を見ると暑さを忘れる、やはり森は涼しい、この日も真夏日だ。

東海自然歩道から山路の林道にはいってキョロキョロしながら歩いていると目に入った小さな野草。

IMG_9278_20190906154454fc1.jpg

ミヤマウズラだった、この森にも咲くんだ、新たな発見に驚いた、海上の森しか知らなかった。

IMG_9301_20190906154543ac1.jpg

そして嬉しいのはマクロで撮れる場所に咲いている、海上は用水路越し、ここは手で触れることが出来る距離、貴重だ。

ゲートを抜けて車を目指す、路傍に白い花が群れ咲く、シュウブンソウかと思ったが違う。

nobuki.jpg

ノブキの群落だった、数えきれないほど歩いている森だが見逃していたのだ、またもや嬉しい出会いだった。

林道往復は約5km弱、歩いた方だろう、昨晩のビールは汗になった、補給の時間が待ち遠しかった。

コメント