FC2ブログ

”厳しい残暑”

再三記事の中で言っているが厳しい残暑が続く、散歩に出る前に気温の確認。
多治見市、37.6度、豊田市、37.2度、瀬戸市はその中間、当然に37度を超えている。

その時点でご近所散歩に決めた、妻の早朝ウォーキングコースを途中まで歩いた。

IMG_9535_20190912160519490.jpg

「天高く・・・雲も秋の雲」、しかし、半端ない暑さに途中で散歩を止めた、目に入るものは確実に秋に進んでいた。



妻は早朝に30分少々で長い距離を歩いている、その半分は歩けるだろう、外に出て直ぐに挫折しそうだった。
背中に刺すような日光、風もない、身体が持つか心配になった、少しでも木陰がありそうな県有林の際を歩いた。

medohagi_2019091216054649b.jpg

メドハギが咲き出した、初秋に咲くハギの仲間だ。

oonisiki_20190912160546907.jpg

オオニシキソウも花を咲かせているが種袋も抱えている、秋の姿だ。

県有林を抜けて妻の歩くコースから外れた、県道に出ていつもの池経由にしようと思った。

急な上り坂を終えて県道に出た、きつい登りで息が上がってしまった、足も腰も辛い。

IMG_9533_20190912160519cf0.jpg

色づき始めたコムサラキを見ながら休憩、お茶を飲んでも息が落ち着かない、ダンプの行き交う県道を歩く気が失せた。

戻ろう、無理することは無い、少し進んでわき道から自宅方面に歩いた。

IMG_9474_2019091216051995d.jpg

住宅の間の空き地は土手ニラの天下、数えきれないほどに群れ咲いていた。

一歩一歩がキツイ、休み休みの歩みとなった。

IMG_9538.jpg

住民は住んでいるが荒れ放題の庭から大きなバッタが飛び出した、ショウリョウバッタのお嬢様、大きい!

往きは激上り坂、帰りは激下り坂、右ひざの調子も悪い。

IMG_9537.jpg

雨が降らなくても乾いた大地にエノコログサが元気に伸びている、marukeiも暑くても元気でいたいが・・・。

中秋の名月が近い、秋の象徴を探しながら自宅へ向かった。

IMG_9564_20190912160518073.jpg

十五夜につき物の”ススキ”が穂を出し始めた、暑さだけが夏の名残、秋の景色は進んでいる。

結局は散歩途中で予定変更、50分の散歩予定は30分で終えざるをえなかった。

朝晩は爽やかな気温になってきた、日中も爽やかになってほしい、毎日散歩日和にナァ~レ!、願いが届け!

コメント