FC2ブログ

”明智の森散策 ー (森の野草編)”

沢沿いの野草を愛でたら森の外周や池周り等を散策した。

どんな野草が待っていてくれるだろうか、妻と別々、思い思いに野草を探しながら散策した。
そして毎年に訪れていたがこの森では初めての野草に遭遇した。

IMG_9616_201909181533565ec.jpg

”ヤマジノホトトギス”、珍しい山野草ではないが海上の森の吉田川奥は一昨年に全滅、物見山林道入り口も一輪だけ
今年も咲く気配が無い、見られないかと思っていたので嬉しさは半端なかった、良い時期に訪ねた。



沢沿いを離れて森の中へ、毎年愛でる山野草がある、空き地を抜けて森の中へ妻が先行する。

IMG_9566_20190918153357b1a.jpg

森の中へ入る道の際に”オトコエシ”が咲いていた、写していたら先行の妻が「咲いているよ」と教えてくれた。

IMG_9572_20190918153356b57.jpg

”オクモミジハグマ”、深山や亜高山の山地に咲くキク科の山野草。

IMG_9569_20190918153357add.jpg

ここ明智の森は深い山でも亜高山帯でもない、でも亜高山の野草も多い。

IMG_9571_201909181533572db.jpg

ハグマと名が付く山野草はクルクルパーマの花びらを持つ、この森で是非にも撮りたい山野草、咲いていて良かった。

まだ是非にも探したい山野草がある、昨年は探さなくても目立つ場所に咲いていたが見当たらない。
妻と別々に探すことにした、妻は池やその際方面へ、marukeiは斜面の草地帯を探した。

mukagoninjin.jpg

途中で見つけた野草、センキュウの花に似ているがわからない、帰って調べた、”ムカゴニンジン”だった。
見るのも初めての野草、セリの仲間だった。

昨年に咲いていた場所付近に再度戻って隈なく探した、そして一輪の花を見つける事が出来た。

IMG_9621_20190918153431e05.jpg

”マツムシソウ”、標高1000m程度の亜高山帯では当たり前に見られる山野草、今夏は何処へも行けていない。
従って最後のチャンスだった、妻を呼んで愛でて貰った、しつこく探して正解だった。

マツムシソウを見つけた斜面を他の野草が咲いていないか探しつ続けた。

IMG_9622_20190918153431186.jpg

イタドリの雌花だろうか?、数は多い、そして思いがけない山野草を見つけた。

IMG_9618.jpg

”ヤマジノホトトギス”。

IMG_9623_20190918153430f60.jpg

良く見るとアチラコチラから顔を出していた、良い場所を見つけた、時期を間違えなければ確実に愛でれそうだ。

池周りや湿地を探していた妻が白い花がたくさん咲いていたと教えてくれた、シラタマホシクサかも知れない。

nihoninuhige.jpg

最初はシラタマかと思ったが望遠してみたら違う、”ニホンイヌヒゲ”の群落だった。

kannzakiayame.jpg

”カンアヤメ?”、秋に咲くアヤメも綺麗だった。

IMG_9626_20190918153430693.jpg

”サワヒヨドリ”も開花している株があった、大満足の明智の森。

IMG_9624_2019091815343064a.jpg

生憎の曇り空の日だったが妻と二人で山野草探し、充実した訪問になった。

帰りは途中で小里川沿いに瑞浪市の郊外へ向かった、大好きな中華そばを食べるのが目的だ。
着いたら店内で待ち順番、外に行列が無いだけマシだ、いつもながらの人気店。

分厚いチャーシュウが4枚乗ったあっさりスープの中華そばを楽しんだ、そして多治見で美味い刺身を買って帰った。

コメント