FC2ブログ

”歩け歩けの散歩日和”

陽射しは強いが秋の気温だ、三連休は台風や秋雨前線の影響で雨が続く予報。
歩けるときは歩く、長い距離の散歩に出かけた、汗の出も少ない絶好の散歩日和の午後だった。

IMG_9694_20190921145302ca4.jpg

秋の野草も目立ち始めた、”ヤブマメ”が雑草に絡む、秋はマメ科の野草が多くなる。

歩いた歩いた約6kmの長~い距離の散歩、気持ちの良い午後だった。



もう氷嚢もいらない、爽やかな風も吹く、気温は30度超えだが体感は快適だ。
自宅から30m、隣の町内に向かう急な坂を上る、坂の先に見たい野草がある、咲いていた。

IMG_9674_20190921145203c25.jpg

マメアサガオ、帰化植物で強い野草、毎年秋にかけて群れ咲く。

IMG_9675_2019092114520365a.jpg

ヒルガオ科の野草、関東以西に帰化している。

突然に中型の蝶が飛び立ったので慌てて撮った。

IMG_9673_20190921145203269.jpg

ジャノメチョウの飛翔姿が撮れていた、少々ピンボケだが望遠の画角で撮れたのはラッキーだ。

小学生の通学路に入った、のんびりと歩こう、コスモス畑があったら都度に寄り道しよう、気分はルンルン。

IMG_9681_201909211452037d1.jpg

最初の寄り道にはツマグロヒョウモンが遊んでいた。

通学路から県道を歩いた、鳥原川を渡って国道を横断して下品野の川沿いまで歩き通した。

IMG_9682.jpg


奥瀬戸を源流とする落合川の川べりを歩く、春は桜並木で賑わう川だ、どんどんと遡った。

IMG_9684_20190921145202e03.jpg

コスモス畑が見えたので寄り道、モンシロチョウが蜜を吸う。

IMG_9685_20190921145246327.jpg

ミツバチは蜜を集める、見ているだけで和む心。

IMG_9689.jpg

西品野を超えていつもは戻り道に入る分岐に到着、正面の山裾まで歩く事にした。

舗装が途切れて細い地道を歩く。

IMG_9686_20190921145246679.jpg

アレチハナガサが美しかった。

上品野の手前で折り返した、それ以上進むと8kmを超えてしまう、戻り時だろう。

国道を歩いて東海環状道路品野インターを超えて山裾の里に向かった、彼岸花目当てだ。

期待してたどり着いた井山の里・・・彼岸花の土手は綺麗に刈りはらわれていた、ガックリのmarukei。

IMG_9691_20190921153617c26.jpg

別の場所に残っていた彼岸花は蕾・・・今年は咲き出しが遅い。

里の荒れた畑地と田んぼの畦を縦断した、細い道に合流する前にコスモス畑…ここには何が居る?

IMG_9692_20190921145245681.jpg

イチモンジセセリだけが遊んでいた。

昭和35年建設の市営住宅がある土手、もう入居者は居ない、一部解体も始まっている、土手には野草が咲く。

IMG_9730.jpg

ベニバナボロギク。

IMG_9701_20190921145301a36.jpg

ノアザミ。

IMG_9688_20190921145245bf4.jpg

イヌタデ、飽きることが無い里の土手、少々疲れてきた足を止めながら写して休んでの繰り返しだ。

神社から細道を歩いたりしながらいつもの里へ戻ってきた、岩屋堂経由なら更に2km以上歩く事になる。
素直に戻る事にした、畦を抜けて県道にぶつかる道端の藪に今秋初めての花がぶら下がっていた。

IMG_9693_201909211452458f3.jpg

秋の野に咲く代表的な花、地上と地中に豆が出来る、どちらも食する事が出来るそうだ、味は・・・?らしい。

長距離散歩は疲れる、5年前なら平気の平左だった、もっと長い距離を歩いていた。
老いてきた身体、無理せずに疲れさせた方が健康には良いのだろう・・・しかし、夜のビールで相殺されてしまう。

”それも楽しや!”、そのために歩いている”marukeiおじさんの日常”がある。

コメント