FC2ブログ

”初秋の山路の森”

自宅から車で7分少々、猿投山の西の麓に広がる森がある。
瀬戸市山路町にあるので”山路の森”とmarukeiは呼ぶ、猿投の森の呼称が一般的だ。

IMG_9829_20191003144916375.jpg

色づいた真っ赤な実をつけた”ガマズミ”が初秋の森を飾っていた。



午前中はやることが多くて疲れてしまって寝てしまった、湿気の多い午後、近くの森が良いだろう。
海上の森山路ゲート前は工事中で駐車不可、奥の林道ゲート前に停めて山路の森に入った。

IMG_9828_2019100314491729d.jpg

”ヒメキンミズヒキ”の愛らしい花を見ながら森の外周道を歩いた、この森に入る人は少ない
何年も歩いているが人と出会った回数は数回だけだ、皆さんは林道から猿投山を目指す人が多い。

IMG_9830_2019100314491672c.jpg

ガマズミが赤い実をつけていた、森の秋だ。

尾根に抜ける中道の分岐近くで地面に這いつくばっている人に出会った、何をしているのだろう?
挨拶して聞いてみた、「蟻がいるから見ている」、ルーペを持っていた、いろんな人が森を歩く。

IMG_9834_201910031449152ad.jpg

この森は栄養が足りない貧地の森、従って野草も多くは無い、常緑の静かな森を蜘蛛の巣をかき分けて歩いた。

IMG_9833_2019100314491675d.jpg

外周から尾根道へ、そして外周に戻ったりして40分で森を抜けた、出会った野草は”ツルリンドウ”だけだった。

林道に合流したのでアキチョウジの咲く場所まで歩く事にした、東海自然歩道と合流して雲興寺方面に向かった。

IMG_9847_2019100314494352e.jpg

ポツンポツンと雨が降ってきた、傘があるので心配なし、ヤマアジサイも雨粒に濡れる。

IMG_9838_201910031449151b3.jpg
林道に1株しかない”オトコエシ”も昨年と同じ場所に咲いていた、嬉しいね。

雨は直ぐに止んだ、傘を開かなくてもすんだ、上り一辺倒の林道、膝が少々辛い、アキチョウジの場所に到着。

IMG_9839_20191003144943674.jpg

探すまでも無かった、紫の細長い花が咲き乱れていた、ここで休憩、お茶を飲んで空気を肺一杯に吸い込んだ。

帰りは林道だけを野草を探しながらユックリと歩いた。

IMG_9844_20191003144943315.jpg

”アキノタムラソウ”の残り花、夏の名残も残る森の路傍。

inukoujyu_2019100314494265f.jpg

”イヌコウジュ?”、シソ科の花の判別は難儀だ、ヒメジソにも似ているが、たぶんイヌコウジュだろう。

komenamomi_20191003144942e8b.jpg

”コメナモミ”も花を咲かせだした、秋の森を象徴する野草だ、好きな野草の一つだ。

野草は数多いが普段撮って記事にしている野草だけだったのでカメラを収納して歩きに徹した。

車に戻ったら雨が降り出した、そして直ぐに止んだ、この日も天気予報は雨だったが降雨はお湿りにも満たなかった。

帰ったら長男から任されている家庭菜園の小作人の作業、そして夕食の仕込みが待っている、少し湯鬱だった。

コメント