FC2ブログ

”秋日和の里歩きー後編(遊ぶ蝶たち)”

歩き先々で花がある場所に立ち止まる、温暖な今年、10月に入っても蝶の数は多い。

立ち寄った二つ目のコスモス畑、青い模様が秋の光に輝いていた。

IMG_0414_201910141545148cb.jpg

アオスジアゲハ、今年1回しか出会うことが出来て居なかった、花を移りながら吸蜜していた、綺麗なアゲハ蝶。



歩き出して花を撮って急坂を登った所に空き地がある、今はセンダングサに占領されている雑草の花畑。

IMG_0387_20191014154443fc0.jpg

最初に見つけたのはヤマトシジミ、里のスタンダードなシジミチョウ。

IMG_0390.jpg

ウラナミシジミが数頭飛び交う、偶然だが飛んでいるウラナミシジミが写っていた。

IMG_0393_20191014154443c62.jpg

今年はウラナミシジミが多い、9月の末から探さなくても歩く度に出会える。
他のシジミチョウで出会え無い蝶もいる、今年はトラフシジミに出会えない、異常な感じだ。

通学路から県道、通れない川沿いの道などを歩いたり戻ったりしながら鳥原の里の小さなコスモス畑に到着。

IMG_0400_20191014154442c7c.jpg

モンキチョウ。

そしてラッキーにもアオスジアゲハの姿を見つけた。

IMG_0405_20191014154442b7c.jpg

青い斑紋の筋が美しい、5月に出会って以来だ。

IMG_0407_20191014154442de8.jpg

飛翔写真は難しい、トリミング無し、望遠の画角で捉えたが少々ピンボケ、でも満足。

IMG_0410_201910141545147d3.jpg

追いかけて、撮って、十分に楽しんだ、コスモス畑を後にして里の外周道を歩いて岩屋堂へ向かった。

途中、ハギの花が頑張って咲き残っている場所に止まって蝶を探した、前回、ウラナミシジミが居たハギの花。

IMG_0419_20191014154514508.jpg

やっぱり遊んでいた、少し翅の傷んだウラナミシジミ、翅は開いてくれなかった。

高速道路の高架橋下の手前に民家の花の庭がある、覗いてみた。

IMG_0430_20191014154525e37.jpg

花の名前は判らないがモンキチョウが蜜を吸う。

IMG_0432_2019101415452586e.jpg

ツマグロヒョウモンも蜜を吸う、秋の花庭は美しい蝶の天国だ。

ミソソバが群れ咲く地を通り過ぎていたので戻った、やはり花の咲くところに蝶はいた。

IMG_0427_20191014154513b96.jpg

ヤマトシジミが翅全開で日向ぼっこ、綺麗な色だ。

IMG_0422_20191014154514a24.jpg

ここにもウラナミシジミ、愛らしく開いたミソソバの蜜を吸う。

IMG_0423_2019101415451327f.jpg

翅の傷んだ別の個体が表翅を見せてくれた、青色の範囲が狭いのでお嬢様だ、翅開き有難う!

寺の境内の花畑には蝶は居なかった、岩屋堂へ入らずに野草を探しながら帰りについた。

絶好の秋日和の散歩、野草や蝶を楽しんで2時間も歩いた、疲れは少しだけだった、涼しい秋の散歩は楽し!

コメント