FC2ブログ

癒しの森

妻はジム、母は通所、誰も居ない我が家・・・黙っていると変になりそうなので手仕事をした。
一人なのでカップ麺の昼食、ジムから帰った妻が”良い匂い”とmarukeiが支度中の晩のおかずを吟味♪
良い出来なので褒められた。

午後はmarukeiの時間、岩屋堂の喧噪は御免だ!
人が行かない森へ出かけた・・・・それはそれは癒しの森だった。

P1140817.jpg
 <風に後押しされて歩いた癒しの森の路>

気持ちの良い、そして充足された心身・・・森の歩きは何にも代えがたい!



家人が出かけたらポッカリと穴が開きそうなmarukei、何かしていないと落ち着かない。
友人が育てて送ってくれた里芋料理に挑戦した。

P1140788.jpg
 <タワシで洗ってグツグツ>

P1140789.jpg
 <ホッコリと炊き上がる、小さな子供を食す・・・美味い!>

P1140791.jpg
 <必須のイカ、人参を加えて弱火でコトコト・・・素晴らしい出来栄えでした>

ジムから帰宅した妻が試食!・・・褒められた!

自分の時間がきたので散歩にでかけた。
いつもの散歩道は喧噪の渦・・・自宅から車で5分少々、森の駐車場、ゲートを抜けて歩きはじめた。
静かな静かな森の路。

P1140797.jpg

密集した雑木林は大好きだ、重なり合う枝や葉・・・何とも言えない自然の美!

図1

黄色いトンネルをくぐる、思わず見上げてしまう・・・これも美!

路傍に数少ない花が咲く、少ないのでかえって目立つ・・・これも美!

青色のヨメナ
 <青色のヨメナ?>

P1140794.jpg
 <熟した冬イチゴ>

P1140796.jpg
 <今が旬のムラサキシキブ>

いつもは外周路に入るが本日はカワセミの路へ、コアジサイの紅葉一本路を歩く。
後ろからザワメキ・・ハッとして振り向く・・・風に騒ぐソヨゴやヒメシャラの高枝のザワメキだった。
なんて静かなんだ。

やがて展望台へと書いた案内板分岐、行ったことがないので向かった。

P1140805.jpg

尾根のチョットしたピークだった、ソヨゴの大木で展望は少ないが、赤津方面は空けていた。

P1140806.jpg

森の色づき、高速道路を行き交う車、シーイングが良ければ揖斐の山が展望できそうだ。
(今日も失敗:おやつ忘れた)

展望台を後にして途中からキツツキの路の案内板に誘われて沢に降った。
沢道は山紫陽花の群生地、地に落ちた早咲きの藪椿が鮮やかさを醸し出す。

P1140810.jpg

やがて林道へ合流、アレレ!、森に入った場所から2m先だった、グルリ周回したのだった。
物足りない、森の中に居たい・・・先に進んだ、そしていつも気になっていたが藪っぽいので
躊躇していたヤマモモの路へ入った。

P1140812.jpg

何と!この森の初モミジの紅葉、西日に輝いて・・・これも美!

道は予想通りの荒れ道となる。

P1140813.jpg

ススキの草カブリ、パンツに付着した”種の盗人たち”を取りながら進む。
そして淡い淡い青色の花が2株!

P1140814.jpg

これだけでも来てよかった!

狭い雑木林の路、木の小橋を渡って静かな森を楽しむ・・・やがてヒメシャラの路の分岐。
この道は歩いた記憶があるが定かではないので向かった。

P1140817.jpg
 <冒頭写真の2度使いです>

コナラ、クヌギ、ソヨゴ、ヒメシャラ・・・小気味の良い第一級の森の路だった。

そして斜面の下の沢方面に色が重なる、少し藪を漕いで沢に向かうと・・・

P1140818.jpg

手つかずの自然がおりなす風景があった。
ボーットした時間を過ごせる、風の音だけが耳に入る空間を思い切り楽しんだ。

森の出口はこれも入った場所から2m先だった、ここも周回路だった。
この森は道を組み合わせれば林道へ出なくても森の路だけで周回できそうだ。

MAPを造ろう・・と決めた、楽しみと目的ができそうだ。

こんばんは、里芋の煮っ転がしでビールを飲もう!
家路に急いだ!

コメント

トラックバック