FC2ブログ

「帰り花(かえりばな)」

季節外れに咲く花、「狂い咲き」、「返り咲き」などと言われる、そして「帰り花」が一番ふさわしいとmarukeiは思う。

IMG_0912_20191101161452309.jpg

畦の際にポツンと一輪、”ホトケノザ”、春の代表的な野の花だ。

帰り花(かえりばな)とは、11月頃の小春日和に、本来の季節とは異なって咲かせた花のことを言う。

春の群れ咲く光景は飽きるほど目にしている、こうして季節外れに咲いていると神々しく見えてしまうmarukeiだ。



少し寝過ごした午後、そんな時はいつもの散歩道が良い、約3,5kmの散歩コースを想定して自宅を出た。

畦は通行止め、縁を歩いて岩屋堂の入り口に向かう。

IMG_0915.jpg

畦の土手はイヌタデに覆われる、二番穂の黄色とマッチして美しく見える。

IMG_0913_20191101161452583.jpg

ホトケノザを見つけて嬉しくなった、周りを探したがこの一輪だけだった、暖かいので”咲いていても不思議ではない。

車道と合流してしばらく歩いてから通行できる畦道に入った、草むらで蝶が動き回る。

IMG_0920_20191101161451e67.jpg

シロツメクサにお馴染みのウラナミシジミ。

IMG_0918_20191101161451b6a.jpg

別の個体が翅を広げる、美しいブルーが光に輝く。

IMG_0923_201911011615187c5.jpg

ミソソバにベニシジミ。

IMG_0924_20191101161518d7b.jpg

今年は活動時期が長い、11月まで出会えそうだ。

IMG_0927_20191101161518209.jpg

ヤマトシジミも翅を広げる、蝶たちを見ていると幸せな気分になる、こんなに好きになるなんて思いもしなかった。
現役引退、散歩が日常、写真を撮るようになってからの事だ、調べるのも楽しい。

IMG_0932_20191101161517bc0.jpg

コスモスの残花にツマグロヒョウモン、流石に翅が傷んでいる、長く生き続けて欲しいものだ。

IMG_0933_20191101161517b54.jpg

高架橋下の四季桜もチラホラと咲き始めた、小原村の四季桜祭りも近そうだ。

寺にも寄らずに岩屋堂入口から帰り道に入る。

IMG_0937_20191101161534302.jpg

ボタンクサギも咲き続けている、この時期に咲いているのは珍しほうだ、地球温暖化・・・訴えた少女を思い出した。

いつもの池までウォーキング、真夏と違って汗も少ない、疲れも少ない、お茶を飲んで少し高い場所へ

IMG_0938_2019110116153469e.jpg

名古屋駅前のビル群の後ろに鈴鹿の山々が霞む、春霞のような風景だ、ぼんやりと眺めるのも良い時の過ごし方だ。

IMG_0939_20191101161533cba.jpg

色づき出したヤマハギを見ながらの帰り道。

IMG_0930_20191101161517271.jpg

草紅葉も進んでいる、寒暖差が大きくなった昨今、秋は深まって行く。

コメント