FC2ブログ

”秋の観桜”

春の花見はソメイヨシノが主流、華やかで花もたくさん咲く、秋に咲く桜は春の桜よりも穏やかに咲く。

桜花は心を浮き浮きさせてくれる、”秋の桜を観桜しながら散歩しよう”、四季桜の咲く場所へ向かった。

IMG_1034_20191105155937ec7.jpg

秋の光を受けて淡く咲く桜花、満開の四季桜もあった、穏やかな午後のまったり散歩を楽しんだ。



瀬戸市と名古屋市の境界にある名古屋市東谷山フルーツパーク、ここに四季桜が咲く。
入園料も無料、他にも熱帯温室などがあり憩いの公園だ、入り口に近い職員会館前に四季桜がある。

IMG_1033_201911051559370c2.jpg

満開ではなかったが数多くの花を開いていた。

IMG_1035_2019110515593709e.jpg

淡いピンクや真っ白な桜花、桜が咲いていると心も華やかになる。

いつもとは逆コースで歩いた、日本庭園近くにも四季桜の木がある、そこは日当たりも良い、期待大だ。

IMG_1036_201911051559378d2.jpg

北口の近くの生垣にピンクの花が咲いていた、”ニワウメ”の返り咲きだ、春5月の花、バラ科の花は美しい。

焼きいもを買う人の列が出来ている売店を横目に見て日本庭園の外周道、賑やかな声がする。

IMG_1040_20191105155937120.jpg

メジロたちが忙しく飛び回る、桜、ニワウメ、メジロ・・・秋の景色と言うよりも春みたいだ。

komayumi_2019110516003439a.jpg

ようやく秋の装いを見つけた、コマユミの実、弾けると真っ赤な実が飛び出す、少し早かったみたいだ。

歩いていたら遠目にも真っ白な花の景色が目に入る。

IMG_1043_20191105160003d7a.jpg

三本の四季桜が満開近い状態だった、歩いてくる人たちも感嘆の声をあげて立ち止まる。

IMG_1042_20191105155936372.jpg

marukeiも感嘆の声を出したいくらいだった、満足の観桜だった。

外周道を歩いて小さな花畑を目指した、色とりどりのコスモス畑があった。

IMG_1050_20191105160002377.jpg

春は菜の花、夏は向日葵、秋はコスモス、冬は・・・忘れた、四季の花畑と呼ばれる場所だ。

枝垂れ桜の下に花が数輪開いていた、”エッ!”と驚くmarukei。

omodaka_201911051600443c5.jpg

少々ピンボケになったが、紛れもない枝垂れ桜の花、春の桜の「帰り花」、更なる観桜に大満足だ。

小さな花畑に到着、花は少ない。

IMG_1052_20191105160002751.jpg

ミツバチが蜜を集める、少ない花だが一生懸命に飛び回る、越冬の準備だろう。

ロックガーデンから梅園の縁を歩いて戻る事にした。

IMG_1056_20191105160002b69.jpg

モミジバフーが色づき始めた、聞き覚えのある野鳥の地鳴き”タタッ!、タタッ!”、ジョウビタキだ。

IMG_1065_20191105160035ff8.jpg

大好きなお嬢様だった、相も変わらず可愛らしい目にmarukeiの鼻の下がのびる。

IMG_1064_20191105163206c44.jpg

足を上げてお化粧姿も見せてくれた。

IMG_1057_201911051600024b6.jpg

足元には春の七草、ナズナも顔を出す、よほど温暖なのだろう、秋は深まらない。

IMG_1067_20191105160035b3c.jpg

小さな池にはオモダカの残花、珍しい花ではないが咲いていて嬉しい花だ。

小さな池から出口は近い、車に戻った、このまま帰るのはもったいない、もう一つの四季桜の地を経由しよう。

定光寺の池を目指して山道を走った、期待して四季桜の場所へ行ったが”チラホラ”しか咲いていなかった。

IMG_1069_2019110516003468e.jpg

二つ目の場所での観桜、桜花にとり付かれたmarukeiだった。

IMG_1070_2019110516003427b.jpg

カルガモがくつろいでいた定光寺の池。

IMG_1071_20191105160034702.jpg

朝晩は寒くなったがこの日の午後も20度を超えた、散歩日和の毎日は続いている。

コメント