FC2ブログ

”赤い実が連なる小路”

ナンテンの実だろうか?、毎秋に必ず一度は歩きたくなる小路、野火の煙が漂う。

IMG_1298_201911161534427f3.jpg

岩巣山の西裾、井山の里と呼ばれる小さな里の小路、赤い実が連なる小路を歩いた。



秋日和、少しは長く歩こう、いつもの里を横断して西品野方面に歩く。

IMG_1292_20191116153412436.jpg

蔦の絡まる古い製陶所が連なる細道、昭和の香りが漂いそうな路地の散歩は楽しい。

IMG_1291_20191116153412c71.jpg

人一人がやっと通れる道端にタイワンホトトギスの残り花が咲いていた。

自宅から約3km歩いて井山の里へ入る畑道に到着した。

IMG_1295_20191116153411722.jpg

稲架掛けが残る細い畑道、この地区は瀬戸市でも老人比率が極端に高い地、畑も耕す人もいない荒れ地になっている。

IMG_1289_20191116153413345.jpg

荒れ地の斜面にはカラスウリの実がぶら下がる、秋景色だ。

IMG_1297_20191116153411e98.jpg

ラッキョの花も咲いていた、この花を見る度に打ち上げ花火を連想してしまう、可愛いボンボリ花だ。

IMG_1294_201911161534124f5.jpg

イシミカワの実を見つけた、今秋の初出会い、秋の実らしい色彩と形が大好きなmarukei、嬉しかった。

荒れた元田んぼの畦道を縦断して里の細い道に合流した、気が向いたので山裾方面に歩いた、野鳥期待だ。

IMG_1299_201911161534424e5.jpg

道は行き止まりから森に入る、野鳥の声はしない、奥に進むと猪の罠が続けて3ケ所出現
そして「ガサガサ」と雑木林の中から音がする・・・危ない!、ここで引き返した。

IMG_1300_20191116153442e4c.jpg

シバザクラの帰り花を見ながら井山の里を後にした、いつもの里の外周道を歩いた。

IMG_1302_20191116153442b0f.jpg

10月桜も花数を増やす、岩屋堂入口も近い。

寺の参道前で車が停められて料金1000円を徴収される、そして駐車場の空き待ちに入る。

横を通りぬけて人と車が行き交う場所から裏道に入った。

IMG_1305_20191116153441f12.jpg

モミジは色づき始めたがマダマダの状態、今年は10日は遅れている秋の紅葉。

後からくるシャトルバスや車におののきながら歩き続けた、坂道を終えて一息ついた、そしてビックリポン!

IMG_1307_20191116153441bfa.jpg

目の前にタカサゴユリが返り咲いていた、よほど温暖な気候なのだろう、地球温暖化・・・良い事ではないだろう。

約6kmの散歩だった、気温は高くないので汗はうっすら、消費したカロリーは夜のビールでチャラだがそれも良し!

コメント