FC2ブログ

猿投山628.9m (山路の森から鉄塔巡視路)

時間が出来た!、奥様の許可も出た!

”山飯じゃ!”10時30分自宅発、好天!山路の森から鉄人59号(鉄塔58経由)で飯を食べて
ノンビリして、赤猿峠から周回することにしたが・・・欲が出て、歩きたくなって、結局は

”毎日休養”の風花老師さんが歩いたコースでの登山となった。

P1140918.jpg
 <彩の岩巣山地の無名峰越しに雪の御嶽見ゆ!>

鉄塔59は絶景、雪の御嶽、白山、能合白山、満腹になる絶景を楽しんだ、そして質素な山飯も。


sanage20131123.jpg
 <カシミール3D解説本,1/25000地形図使用>

・距離 :6.4km
・標高差:±530m
・総行動時間:ノンビリ飯時間を含んで、約3時間30分

自宅から7分、いつものゲート前に駐車、ゲートをすり抜けて直ぐに鉄塔標識、ここから入る。

P1140903.jpg

下草が刈られた巡視路は快適、風花老師さんがレポしていた通り何故か充実した山路が続く。

P1140904.jpg

登り一辺倒だが疑似階段もありそれなりに登れる。
約20分の歩きで鉄塔58番に到着、ここは展望も無しだが鉄塔好きのmarukeiには素晴らしく見える。

P1140908.jpg

本日の目的地まで約10分の道程、終わりかけの紅葉だが彩鮮やかな尾根を行く。

P1140912.jpg

見覚えのある岩の登場・・・毎度悩ませられる!、そうなんです足の短いmarukeiには難儀の岩越!

P1140913.jpg

ヨッコラショの掛け声で這い上がる、一息つくと目的地の59番鉄塔だ。

P1140914.jpg

そして絶景が待っていた。

P1140917.jpg
<御嶽のズーム>

P1140916.jpg
 <雲の上に白山と別山>

P1140919.jpg
 <うっすらと能合白山>

風は冷たいが居心地の良い場所。

P1140922.jpg
 <瀬戸名物:瀬戸のグランドキャニオン・・・陶土の露天掘り風景>

P1140923.jpg
 <尾張瀬戸駅前ズーム>

しばし景色を楽しんだ後には陽だまりの場所を選んでピクニットシートで”山飯タイム”

P1140943.jpg

本日のメニューはシーフードヌードル、ソーセージ、みたらし団子・・・相変わらず質素な飯(泣)

珍しく1時間弱も居座っていたmarukei、514mピークから人の声がする。
ここは人が来ないのが通常だが・・・”こんにちは”と爽やかな声がかかる。
4人のパーティ登場、そして御嶽の姿に感動、絶景を楽しんでいた。

お話すると海上の森三角点から物見山尾根経由の長い距離を歩いてきたみたいだ、お疲れ様です。
こんな場所を良くご存知ですねと言ったらオジサンの姿が見えたから降りてきたとご返事あり。
良かった、長居して・・・良い景色は皆が楽しんで貰いたいmarukei。

スマホのLTEがつながる場所みたい、marukeiのblogを紹介したらすぐに画面が出た、便利なものだ。
お姉さんからチョコ2ケいただいた(優しいお姉さん)

P1140944.jpg
 <爽やか4人の皆様:一期一会です、楽しい会話サンキューでした>

ここで帰へるつもりだったが中央アルプスも見えそうなので猿投山のビューポイントまで行くことにした。


大きなザックには解禁されたボジョレとパスタや美味しそうな食材が入っているらしい。
marukeiとは段違い平行棒だ。(赤猿峠で再会、本当に美味しそうな食材だった>

皆さんとお別れして山頂へ向かう道、さすがに楽ではない、あのピークを越えねば中央アルプスが見えない
落ち葉で滑る道、それなりに風情がある。

P1140947.jpg

頑張る!そしてビューポイント到着、見事な景色が待っていた。

P1140955.jpg

 <雪の屏風、左の稜線は夫婦で毎年行く、冬は行けないネ>

恵那山も美しい、ノッペリした山容だが意外とキツイ山。

P1140954.jpg

望みをかなえてくれたお天道様に感謝!
隣にいたトレランのおじ様と少しお話、こちらのコースは初めてらしい、景色堪能と言っていた。
ここから山頂まで15分そこそこ。行きませう山頂へ!

あっと言う間に山頂、午後なので人も少なそう、土曜日なのに珍しい。

P1140956.jpg

6月に海上の森三角点から西宮経由で来た山頂・・・様変わりしていた。
沢山のベンチがそれ以上に増設・・・ベンチだらけ、そして正面の木々が伐採されて展望が開けていた。

P1140957.jpg

見えるはずもない御嶽が三国山のアンテナ群の向こうに威張って見える。
展望が良くなれば悪い事ではないが・・・・・!

P1140960.jpg

山頂プレートを撮影して下山開始・・・途中、木の根に靴が挟まった、ママヨと引き抜いた・・・哀れ!

P1140966.jpg

どうしようもない事態発生!・・・泣きたいくらい、お気に入りの靴(登山靴ではない)
散歩靴なのだ!
下山路の歩きにくい事この上ない、赤猿峠に近い場所で4人パーティに再会・・・(元気に山頂へ向かう)
ボジョレに侵されていそうなので冗談を言ったらにこやかに対応してくれた。(本当に爽やかな人達)
靴をダマシダマシで歩いて赤猿峠から降る、東海自然歩道が見えてホットした。

P1140967.jpg
 <快適な下りだが・・・靴がガバガバ・・・歩きにくい>

P1140968.jpg
 <東海自然歩道と合流して安心>

左折すればほんの5分で我が愛車にたどり着く、自分に語りかける、”お疲れ様”無事に楽しめました。

一期一会だが4人の方々、有難う、お話も楽しかった、仲良しの仲間で自然と食を楽しむ・・・
最高ですね!

本日は、午前中から山行を容認してくれた奥様、その間に東谷山フルーツパークに母を連れて行ってくれた。
全て貴女の優しさのたまものです・・・感謝!

(PS)
 ・靴を皮用ボンドで修理中・・・さて、どうなるやら・・・)^o^(

コメント

トラックバック