FC2ブログ

二人で楽しんだ晩秋の午後

二人とも用事の無い午後、母が通所から帰る時間まで3時間少々。
久しぶりに夫婦で散歩を楽しんだ。

P1140882.jpg

ときどき曇りの寒い日だった、それを弾き飛ばすほどの(アツアツカップル)・・・ウソ!
晩秋の公園を水鳥や木々の彩に癒されながら2時間の散歩を楽しんだ。

4月の春リンドウの季節から訪れていなかった二人の大好きな場所。
愛知県森林公園植物園にお出かけ!

いつもの北側駐車場に置いて、トイレに寄って、400¥/2人を支払って、パンフを戴いて・・・
暫くぶりでも手慣れた手順で植物園に入った。

まずは水鳥のいる岩本池に立ち寄る、ここ池の対岸はカワウのコロニーがある。
鴨たちが遊ぶ池・・・。

P1140855.jpg
 <岩本池・・・白く見えるのはコロニー>

マガモが水面に綺麗な文様をつけて遊ぶ。

P1140846.jpg

キンクロハジロも我々と同様、カップルで楽しそうに遊ぶ。

P1140856.jpg

独り者?のハジロは寂しそうに毛づくろい。

P1140853.jpg

遠くのカワウのコロニー前で羽ばたき音。。。慌ててズーム・・・間に合わなかった。

P1140859.jpg

たっぷり楽しんだら小芝生広場方面に歩く、ドウダンが真っ赤っか!

P1140863.jpg
 <奥様喜ぶ・・・撮影指令に素直に従うmarukei>

最初の湿地に立ち寄ったが、この時期咲いている花は無かった。
橋の上にたたずむ奥様・・・何を見て、何を考えているのか・・・

P1140864.jpg
 <結論・・・何も考えていなかったらしい>

池沿いの道に黄色い紅葉、ウリハカエデ?、コナラ?光は足りないが黄色が綺麗だ。

P1140866.jpg

池沿いから奥の池に向かう小道に立ち寄る、オシドリでも居ないかな?・・・居たのはカメラおじさんだった。
狭いポイント、おじさんは去らない・・・後ろから遠目でパチリ!

P1140867.jpg
 <安心しきった鴨たちがお休み中>

戻って小芝生園に向かう橋の上、これも我々みたいな仲良しが慌てて逃げ泳いでゆく。

P1140868.jpg

これまた美しい波紋を描いて・・・脅かしてゴメンなさいませ。

小芝生広場の奥は紅葉の見ごろ、モミジの色づきはgood!

P1140874.jpg

撮影に夢中になっていたら奥様が居ない・・遠くで何やら一人遊びをしている。

P1140877.jpg

松ボックリを拾って対面の松のボックリに投げ当て遊び・・・・・(無邪気!)(可愛い!)

遊びに引き入れられたら大変。。。知らんぷりして湿地に向かった。
ホソバリンドウは終わっていたがシラタマホシクサは終わりかけの美しさで迎えてくれた。

P1140880.jpg
 <白い世界に赤い落葉・・・晩秋の湿地に癒された>

湿地Aに向かおうとしたら大慌てのおじさんがドモリながら話す”マムシ””蝮”!
途中のトイレから約250m先で出会ったらしい、それで引き返してきた、行くなら気をつけろの注意を戴く。

途中から最初の湿地方面にむかい、それから細い道を通って湿地Aに向かった。
途中のモミジの綺麗なこと、感激!

P1140881.jpg

湿地A、静かな静かな晩秋のたたづまい。

P1140891.jpg

何もないが、西日が射しこんで柔らかな雰囲気を見せてくれる、ン!
よくよく見ると白い花が数輪。

P1140892.jpg

ウメバチソウの残り花、咲いてくれていて有難う、白飛びが激しくて写真にならない・・・ム!
絞り優先で頑張って・・この程度だった。

大芝生広場経由、水辺の紅葉道から日本庭園、岩石庭園、そして北門に帰ることにした。

P1140897.jpg

カラスと奥様以外に目に入るのは無い、紅葉道に入るとカメラ人がたくさん。
西日も入らない暗い道、紅葉も映えない、この道は午前中が良い。
撮影もせずにノンビリと歩きを楽しんだ、最後は古墳に立ち寄って北門をでた。

久しぶりの植物園、相も変わらず素敵な所・・・年間パスポートでも買いましょか!などと一瞬だけ思った。

一人で森を歩き回るのも最高だが、苦労をかけている奥様といつものように散歩できる・・・
これが当たり前の日常だった、出来にくくなってはいるが少しでも時間を見つけて散歩できたら良いな!

コメント

トラックバック