FC2ブログ

”定光寺の紅葉”

瀬戸市の紅葉の名所は岩屋堂だけではない、定光寺は名所中の名所だ。

臨済宗妙心寺派の寺院で桜やモミジの紅葉で名が知られている、行くことを失念していたわけでは無いが行けずにいた。

IMG_1537_201911271554332e8.jpg

時期を外したかと思ったが小雨の中に美しい紅葉絵を魅せてくれた、人も少なく静かに過ごすことが出来た。



定光寺は自宅から車で15分もあれば行ける場所、多治見市、春日井市との市境の地でもある。

紅葉の名所だが岩屋堂と違って下の公園も寺の参拝用の丘の上の駐車場も無料だ、気軽に出かけられる。
一旦上がった雨が降り出した、普段なら下の公園から石段を登って寺に向かうが・・・”トラウマ”がある場所。

一昨年の夏にこの階段の参拝道で蜂に刺された、それ以来はそこを歩く気にならない、雨も降っているので車で上った。

訪れている人は10人前後、静かな境内に向かった。

IMG_1531_201911271554340fd.jpg

車を降りて直ぐに紅葉の美しい場所が目の前にある、白塗りの土壁にモミジ色が映える。

IMG_1534_201911271554340ba.jpg

本堂の裏手にあるお堂のガラスに紅葉が映る。

IMG_1532_20191127155434802.jpg

映っていたのはお堂の前にある一本のモミジ、紅葉が始まったばかりだった、色鮮やか。

IMG_1533_20191127155434f76.jpg

雨に濡れた葉、色が交じり合う、ため息が出るほど美しい。

IMG_1536_20191127155433dc8.jpg

お堂の横から裏の高みへ、本堂方面を眺める、赤、緑、黄色、オレンジ・・・良い時期に訪ねた。

見下ろしている建物は尾張徳川家初代徳川義直の廟所である源敬公廟だ、ここは入場料が必要だ。

IMG_1538_20191127155501130.jpg

本堂の屋根を隠す大きなモミジの枝、快晴の時に訪ねたらもっと綺麗だったろう。

高みから降りて山門へ向かった、山門からの写真は定光寺紅葉紹介の王道だ、しかし、marukeiは下手だ。

IMG_1540_201911271555003dd.jpg

雨に濡れた階段は滑る、おっかなびっくりで1枚写した。

IMG_1541_20191127155500cb4.jpg

本堂に近づいて1枚、モミジの大木は紅葉の最盛期だった。

雨は止まない、駐車場に戻って丘のピークに登った、誰も居ない静かな場所だった。

IMG_1548_20191127155459d13.jpg

好天なら遠望できる春日井市や名古屋駅前方面はガスで霞む、墨絵のような世界も悪くは無い。

IMG_1546.jpg

この丘も紅葉が美しい、最上部にある休憩所を独り占め、傘を閉じて静かな空間と色を楽しんだ。

岩屋堂や我が家近辺は落葉が始まっている、今秋最後の紅葉最盛期を愛でる事が出来た。

自宅に戻って温まったら眠くなった、我慢だ、板長仕事が待っている、シンプルな料理にした。

IMG_1609_201911271554594a1.jpg

”マンダイのバター醤油ソテー”、”原木シイタケの炉辺風焼きシイタケ”、”生野菜サラダ”、”赤身の生マグロ刺身”

美味しいと言って食べてくれた、満足の一日が終わった。

コメント