FC2ブログ

”ノスリ”と出会った日

昨日は好天の日曜日、車、自転車、バイクなどが朝から行き交う、静かな場所で野鳥探しや散歩だ。

畦の散歩途中でカラスが騒ぐ、追われていたのは猛禽類、marukeiも追った、最後は電柱の上に停まった。

nosuri.jpg

”ノスリ”だった、餌でも食べていたのだろうか、鷹の仲間だ、近くで停まる姿を見るのは初めてだった。



車で5分少々、瀬戸の北、上半田川で野鳥探し、その後は蛇ゲ洞川沿いを散歩しようと出かけた。
野鳥探し場所の手前600m位の畦の空き地に置き車、歩いて向かった。

IMG_1756_20191202161326038.jpg

山間の畑地帯に到着、marukeiの第二野鳥フィールドだ、野鳥の声がしない、山裾まで歩いた。

IMG_1758.jpg

ようやく見つけた、雑木の藪の中にホオジロのお嬢様、出てくることは無かった。

IMG_1762_201912021613260fb.jpg

待つことが苦手なmarukei、この位置が最良だが落ち着かない、山裾まで5往復、かなり歩いたが居なかった。

諦めかけたら遠くの木のテッペンに野鳥が停まった。

IMG_1760_20191202161326020.jpg

百舌鳥だった、この日は鳥運が悪そうだ、諦めて散歩に切り替よう、被写体を探しながら戻る。

IMG_1752_20191202161327d91.jpg

ムラサキシキブの実。

IMG_1763_20191202161354ea4.jpg

神輿草(ゲンノショウコの種姿)が残っていた。

車に戻った2km以上歩いていたが疲れは無かったので散歩開始だ。

IMG_1765_201912021613536d1.jpg

森の裾には東海自然歩道が通っているが川沿いを歩く事にした行き止まりまで歩こう。

IMG_1764_20191202161354861.jpg

川沿いのガードレールに百舌鳥、何だろう、出うのは百舌鳥ばかりな気がした、いいだろう兎に角歩こう。

それは突然にやってきた、遠くの田んぼから大きな猛禽類が飛び出した、カラスに追われる、遠くの枝に停まった。

IMG_1769_20191202161353920.jpg

200m歩いて最大望遠で撮った、逆光とノイズ画像で判別できない、鳶では無い、逃げそうもないので
逆光にならない場所まで歩いた、500m近く歩いた、都度にカメラを覗いて逃げないでいるのを確認しながらだった。

ようやく行き止まりで太陽も遮られる、ヨシ!、カメラを覗いた・・・居ない!、見回すとカラスに追われていた。
ガックリのmarukei、遠くの木々の中に逃げ込んだのを確認、望遠で探した。

IMG_1775_201912021641371c0.jpg

逃げこんだ雑木の中で不安げな顔を出していた。

行き止まりまで来ていたので戻る事にして猛禽類に気を付けながら歩いた、カラスはしつこい、たまらず飛び立った。

IMG_1782.jpg

鳥運が戻った!、帰る方向の電柱に停まった、10m歩いて撮る、さらに10mを繰り返した。

IMG_1790_20191202161405120.jpg

上手に撮れた写真は無かったが”ノスリ”だとわかる写真が撮れた、飛翔姿は何回もあるが停まっているのは初体験だった。

やがて山の奥に飛び去って行った。

IMG_1780_201912021613533d9.jpg

遠く標高730mに林立するアンテナ群の三国山を眺めながら車に戻った。

この日の鳥運は続いていた、自宅に戻ったら庭で野鳥が動く、慌ててカメラを持ち出した。

IMG_1751_20191202161327237.jpg

”ツグミ”だった、声を聴いたり姿を見たりしていたが撮れていなかった冬の野鳥、嬉しいオマケだった。

真冬になれば嫌になるほど見られるツグミだが晩秋に出会うのは一番嬉しい、とても良い午後だった。

コメント