FC2ブログ

”落ち葉の中のキチジョウソウ”

寒波も終わりと言うが非常に寒い午後だった。
土曜日、街も森も人手が多いだろう、自宅からいつもの散歩道を歩いた。

IMG_1959_20191208152507d59.jpg

寺の境内、落葉した銀杏の黄色い落ち葉の中から”キチジョウソウ”の花が顔を出していた、美しい世界だった。

* 明日から一泊二日の旅に出ます、明日の記事は予約投稿です。
    皆様への訪問やコメントなどは帰宅してからになります事、お知らせいたします。 *



畦は冬枯れ色が進んでいる、咲いている野草はほとんどない。

IMG_1955_20191208152507b0e.jpg

ホトケノザだけが元気に群れ咲いていた、寒いのでカメラを収納して寺の境内まで歩き通した、少し温まった。

IMG_1956_2019120815250752a.jpg

山門の紅葉も終わりだ、落ち葉色の世界になった、華やかでは無いが良い感じだ。

IMG_1960_2019120815250645b.jpg

境内の奥を散策、ポツンと季節外れの”カワラナデシコ”が咲いていた、儲けた気分だ、初冬のナデシコは綺麗だ。

IMG_1961_201912081525067b7.jpg

赤いモミジを背景に皇帝ダリアが咲く、絵になる景色に思わずシャッターを押す。

賑やかな声がして外国人の団体さんが来た、賑やかなので境内を後にした。

岩屋堂入口はまだまだ賑わっていたので沢から林道へ登る人のいない場所を歩いた。

IMG_1965_201912081525386c5.jpg

モミジの紅葉は終わっていたが他の落葉樹の紅葉が美しく残っていた、誰も居ない静かな場所を楽しんだ。

林道から戻る事にした、ゆっくしていたので身体が冷えた、いつもの池まで歩き通して温めた。

IMG_1967_201912081525387ac.jpg

池の奥、銀杏畑は黄色い落ち葉の世界になっていた、黄葉は10日以上遅れたが散るのは早かった。

IMG_1968_201912081525370da.jpg

フワフワ、モコモコの世界、歩いてみたかった、入れない場所ほど歩きたくなる、良くない性格だ。

戻って池を見たらカモが一羽浮かんでいた、水が戻って初飛来だ、興奮した。

hosihajiro_20191208152508a68.jpg

ホシハジロのお嬢様だった、餌の藻もない水生植物も復活していない池。

IMG_1970_201912081525377a3.jpg

渡の途中のお休みだろう、それでも嬉しい事だ、”お帰り”。

ぱっとしない天候だが見通しは悪くない、山が見える場所に寄り道した。

IMG_1976_201912081525376f0.jpg

鈴鹿山脈が冠雪していた、藤原岳、御池岳方面の展望。

IMG_1975_20191208152537a40.jpg

そして伊吹山、山頂もドライブウェイも冠雪、厳しい冬の世界になっていた、北陸と濃尾平野を分ける百名山だ。

自宅に戻った、暖房の効いた室内、寒い場所から戻ったので少し汗ばむほどだった、早く寒さに馴染ませたいものだ。

コメント