FC2ブログ

うららかな日差しに誘われて (瀬戸市下半田川を歩く)

数日続いているポカポカ陽気、こんな日はカメラぶら下げての散歩が最適。
今春、新しい道を見つけに歩いた下半田川、狭い山間の畑の向こうに続く道が気になっていたので
歩きにでた、自宅から車で10分、冬のセリバオーレンで有名な神社に置き車してブラブラ歩き開始。

IMG_0468.jpg
 <メジロのお出迎え>

残念ながら道は行き止まりだった、戻ってそのまま東海自然歩道を散歩した。
とてもとても気持ちの良い午後の散歩となった。


神社の駐車場に車1台、横止めしているのでスペースが無い。
苦労して別の場所に停車、小さな池が落葉したモミジで埋め尽くされていて不思議な美しさを醸し出す。

IMG_0451.jpg

暗い道を少々歩くと山間の狭い空間に飛び出す、この瞬間がたまらない!
暗い道から一気に解放され、そして森と畑と青空が手招く道!

IMG_0454.jpg

静かな畑の一本道はどこまでも歩いても飽きないだろうと思った。
そして今春に見つけた奥の森に入った・・・そこは”シイタケ栽培”で切り開かれた場所だった。

IMG_0455.jpg

点々と菌が打ち込まれた原木は何百本ではすまない数、その間を奥に進んだ。
道は途絶えた、どこでも歩けそうな雑木林だが無理をしないで引き返した。

これで帰ったら散歩にならないので車はそのままにして東海自然歩道へ向かう事に変更。
畑道でのんびりすることにしてブラブラ歩きに切り替えた、直ぐに側の藪から小鳥の動き!
メジロが数羽、残りの木の実を啄ばんでいる。

IMG_0465.jpg

なんて仕草が可愛いのでしょう!

IMG_0471.jpg

距離は30m・・・カメラ買ってもらってよかった!

畑の土手には”キセキレイ”が遊ぶ、尾っぽをピコピコ上下させて忙しそうだ。

IMG_0460.jpg

クリクリ目玉で何かを探していた、まるで春だと勘違いしてしまいそうな景色を楽しんだ。
神社に戻って車からお茶を取り出してサイドポーチにぶら下げて県道方面に向かった。

東海自然歩道合流手前に”粋な案内”の民家の玄関。

IMG_0474.jpg

思わずニッタリしてしまった・・・なんと粋な計らい・・・オチャメ心・・・嬉しくなった。

西日に照らされた道・・・伸びやかで気持ち良い、園地まで歩こう!

IMG_0490.jpg

途中にある誰かが造った道祖神・・・相変わらずの赤ペンキ・・・わけのわからない絵まで増えていた。

IMG_0486.jpg
(*注:この奥に道があり進むと・・赤い首マネキンなどの芸術?が飾られている・・恐がり屋は進むべからず)

園地に向かって気持ちの良い散歩途中、白山神社の標柱があり長い階段がある。
何度も通っている道だが気がつかなかった、早速に階段にとりついた

IMG_0491.jpg

急階段・・・指折り数えて132段、ヒィヒィ登った、小広い広場に朽ちそうな祠が鎮座していた。

IMG_0492.jpg

お参りする気分にならないのでソソクサと132段を降りて園地に向かった。
園地に到着、最近つくられた新しいトイレ、東海自然歩道にあるトイレとしては特筆もの、優れトイレ!
エコ循環式の水洗トイレだ、早速利用させていただいた。

IMG_0493.jpg

陽だまりの園地まわりを歩いてみたら、返り咲きの山ツツジが一輪!

IMG_0498.jpg

そしてノコンギクに小さな命が息づく。

IMG_0495.jpg

羽根が痛んだシジミ蝶、12月なのに・・・頑張れ!と何気に心で叫んでしまったmarukeiだった。

大きな雲にお日様がさえぎられるとさすがに風が冷たく感じる、つるべ落としのお日様が隠れぬ間に
帰ります、来た道をトコトコと!

”チキチキ”百舌鳥の声、田んぼ脇の枯れた竹に停まっていた。

mozu1.jpg

望遠で覗くと草の種子が白く飛び交う光景がフィアンダーの中にとらえられた。
雪虫が飛んでいるような錯覚におちいった・・・冬が近い!

コメント

トラックバック