FC2ブログ

瀬戸市 曽野地区散歩

定光寺から派生する森と多治見にいたる国道248号沿いの山の狭間の里。
瀬戸の人でも用事がないと行かない場所、曽野町を散歩した。

IMG_0918.jpg

小川が流れる畑と雑木林の里・・・静かに時が流れる地だった。



青空も多いが黒雲も・・・いつ降り出しても可笑しくない空模様の日。
我が家から車で5~6分、稲荷神社の階段の近くに置き車してまずは神社へ向かった。

IMG_0910.jpg

曽野稲荷神社、年末年始は賑わう場所、急な階段を100m頑張れば長い鳥居道となる。
階段だけで息があがったmarukei、5回くらい休んで登った。

手水も瀬戸らしい、茶釜風の陶器から水が流れる。

IMG_0912.jpg

広い境内なのになんとなくまとまりが無い、お稲荷さんも厳重に囲われている。

IMG_0913.jpg

油揚げも持たないmarukeiなので参詣しないで裏側にまわると広い車道が続いていた。
東側があけていて猿投山が見える、そして謎のドームが遠くに見える、望遠で見てみた。

IMG_0914.jpg

警察関係のアンテナ基地?という噂もあるがGoogleの地図にも表記が無い秘密基地である。
傍受基地との噂もあるが定かではない。(Google地図の航空写真では広大な土地にアンテナ沢山)

そのまま進むと瀬戸牧場の案内、馬がいるみたいだが私有地なので通れない。
狭くなった道に大きな鉄工所、後ろの雑木林と青空が綺麗なので暫く見とれていた。

IMG_0916.jpg

道は雑木林の中を進む、そして里に出た、地形をみると置き車場所から1km以上山間に入った場所。
畑とまばらに作業をする人・・・音は、小川の水音と小鳥くらい・・・静かな場所だった。

先に進んで小川沿いの畑道を歩いた、小川の対岸にお年寄りの車が置いてある。
お婆さんの背中が植えた背の低い木々の間から見え隠れ、お腰の曲がったお婆ちゃん。

IMG_0919.jpg

我が家の母よりは年齢がいっていないようだが・・こうして作業をしているので丈夫なんだろう。
”母よ、寝ていてばかりではイケナイ!”と帰ったら言おう!

小川を詰めると鎖のチェーンで止められた森の道、歩いてゆくと赤い看板でこの先入るな!
東大の施設だった。

瀬戸は東大の持ち物が多い、猿投演習林、岩巣演習林、量水観測林・・・etc。
ここも何かの観測所みたいなので戻った、遠回りしたので2km以上歩いて戻った。
車に乗った途端に雨粒・・時間もあるので定光寺の池に向かった。
雨が強くなったので池のほとりの東屋で待機、カルガモ達が遊ぶ池。

IMG_0933.jpg

小降りになったので車に戻った、そのまま自宅方面へ、雨が止んできたので少しだけカワセミの池に寄った。

IMG_0941.jpg

ツルウメモドキの道を”愛しの君”がいる場所へ向かった・・・しかし、今日も君はいなかった。
珍しくマガモのカップルが遊びに来ていた。

IMG_0939.jpg
 <メス>

IMG_0947.jpg
 <オス>

天候不安定、寒いので早々に帰る、車に戻る寸前、甲高い鳴き声・・・”精悍な君”の方がダイブ中!

IMG_0981.jpg
 <魚を食べて満足中のカワセミ>

連続写真は撮れたがお見せできるシロモノではなかった、この間、約10分、身体が冷えてきたので車に戻った。

歩けたし、鳥たちにもあえたし、ほぼ満足のmarukei・・・しかし帰ると現実が待っている。

声を荒げる回数が少なければ良いが・・・でも、言わなくてはいけないことも多い。
素直に言う事を聞いてくれれば良いが・・・”子供返り”・・・本当にそうなんですヨ!

コメント

トラックバック