FC2ブログ

期待外れの道と雪山眺望

毎度お世話になっている笠原潮見の森、いつも車と途中から徒歩で登る。
先週は車で行って雪山撮影失敗、とにかくmarukeiにとってなじみの深い山だ。

昨年の春先、瀬戸側から県境を越えて登るルートを探索したが湿地と藪に阻まれあえなく敗退した。
それでもどうしても瀬戸から歩いて県境を越えて徒歩で登リたかった。

IMG_2206.jpg

地形図やグーグル地図にはっきりと道表示がある、車が通れる可能性が大、つまらないかも知れないが
まずは歩いてみることだと思って出かけた、やっぱり山道はつまらなかった、しかし、眺望は素晴らしかった。
前回のリベンジ、RAWで撮影、パノラマ加工も必要が無い写真が撮影できて満足した歩きとなった。



上半田川地区、金峯神社に駐車、ここへきたらセリバオーレン。

IMG_2181.jpg

2株しか咲いていない、株はたくさんあるので2月は楽しみだ。
神社から県道へおりて東海自然歩道を白岩方面に少し行くと自動販売機のある川の分岐に到着、左折して山に向かう。
コンクリの堰堤にキセキレイ、行ってらっしゃいと言われているような気になった。

IMG_2177.jpg

寒い日だ、小さな池も結氷、”スガ”の模様も綺麗だ。

IMG_2186.jpg

予想通り道幅の広い林道だ、我が軽の4WDなら楽勝のガタガタ道だ、少し急な登り勾配をひたすら歩く。

IMG_2193.jpg

今年初のツララ発見、寒いのだ。

IMG_2192.jpg

あけっぴろげな場所に猪の罠・・・よく見ると足跡が檻の入り口付近と少し奥まで続いている。
猪も賢い、餌だけ食べているに違いない。

IMG_2189.jpg

淡々と歩いてゆくと前方が明るい、多治見市の看板、県境を越えた。

IMG_2194.jpg

アッケ無い!時間にして30分、距離1.5kmそこそこ、整備された林道歩きはつまらなかった、期待外れに終わった。
そして予想した場所に飛び出した、毎度車で登る潮見道路の峠前だった。

IMG_2196.jpg

時間はまだ午後1時、戻るには早すぎる、少し歩いて空けた場所に移動・・・何と白山が見えている。
これは大儲け、展望台から素晴らしい景色が堪能できそうだ、そして失敗した雪山撮影のリベンジチャンス!

展望台でカメラ設定、RAW、絞り開放で撮影、JPEG変換した雪山写真。

hakusan1.jpg
 <左から:三ノ峯、別山、白山御前峰>

美しい!避難小屋でヘロヘロだった三ノ峰、笹ダニに食いつかれた妻を治療した白山、思いは馳せる。

nougou1.jpg
 <能合白山>

相変わらずのダイナミックさ、深田が選んだ日本100名山からもれたが素晴らしい山だ。
温見峠から急登を頑張った記憶、もう一度行きたい山を見る。

ontake3.jpg
 <木曾御嶽山の秀麗な姿>

長野側より谷が見える、より険しく見える、例年より雪が少なく感じた、いつまでも眺めていたい。

tyouou1.jpg
 <中央アルプスの山なみ>

焦点距離22mmで全山写る、パノラマなんて必要なかった、夏には三の沢岳に行こうと思う。

enasan1.jpg
 <恵那山>

妻の元実家近くの山、大きな山、簡単そうで疲れる山、ヒィヒィしながら疲れ切った記憶がよみがえる。

名古屋、岐阜方面は霞んでいるが海が見えた。

mikawa1.jpg

三河湾、後ろは渥美半島か?気持ちの良い眺望に時を忘れた。

展望台から反対側に降りて大洞池に向かった、初老のご夫婦と単独のオバサマと行き違う。
この日はこの方々としか出会わない静かな山だった。

IMG_2224.jpg

池は結氷していた、風が吹くと氷の境目にさざ波がたつ、寒々としているが見惚れる景色。

IMG_2221.jpg

遠くに2組のキンクロハジロ、仲良く泳ぐ、人けのない池は安全に楽しめる場所なのであろう。
少し疲れた足で山頂下の管理棟へ戻る、厚く結氷した水面下に赤色・・・金魚たちが動かない。

IMG_2226.jpg

帰りは降りっぱなしなので早い、アットいう間に戻れた。
山道は期待外れだったが大好きな雪山を鑑賞できた、空気の澄んだ冬だけの景色を堪能した。

(本日のコース)

図1

コメント

トラックバック