FC2ブログ

恐かった! ちびりそうになった!

一昨日の散歩の出来事。

岩屋堂から東海自然歩道を雲興寺方面に向かう、誰も居ない山道にガサガサ、ドシドシと響く音が近づく!
声を出すが一向に退く気配なし!
大きな猪と目が合う、腰が引ける、恐怖でカメラの事も忘れる出来事だった。(当然写すなんてできなかった)

進むのを止めて引き返すmarukei、足早どころか小走りだった、公園に戻って一安心。
ジョービタキに慰められた散歩だった。

IMG_2379.jpg
 <赤い実の木の中で囀るジョービタキ>

夕食時、家族に出来事を報告したら、猪のほうが可愛そうだと言われたプンプン!



午前中に用事を済ませてお昼を食べて・・・ソファーに横たわったら眠ってしまった。
目を覚ますと午後1時半、慌てて散歩にでかけた、毎度の田圃道から岩屋堂経由、東海自然歩道を
雲興寺分岐までの予定だった。

IMG_2322.jpg

風は冷たいが陽だまりは温かい田んぼ道、土手の花を探しながらの歩み。

IMG_2324.jpg

オオイヌノフグリを見つけた、葉っぱの色は緑では無いけれど春の花色に満足した。
寺の境内脇、2月に咲くはずのセツブンソウの場所に行ってみた、何と!猪の掘り返し跡で悲惨な常態。
はたして咲くだろうか?と心配になった。(この時から猪と巡り合う運命にあることを知る由もなかった)

公園入口の仕出し屋さん、花のキャンパスの花絵が入れ替わっていた、冬らしい花絵で美しい!

IMG_2325.jpg

瀬戸大滝の分岐から自然歩道へ入る、暫くは急坂、息があがる、鉄塔58号の標識からはなだらかな登り道。
雰囲気が良いのでカメラを構えて構図を考えてパチリ。

IMG_2327.jpg

撮り終えるころ右下の谷から、”ザザッ!””ガサゴソ”音が連発、そして静かになった。
人でも入っているのか?すると近くで同じ音がする、そして今度は”ドシドシ””ドンドン””ドシドシ”
重たいものが枯葉の地面を走る音・・・”獣だ”と直感!

”ホーホー”と大声を出した・・・普通ならたいていの獣は逃げるのだが・・・近づいてくる・・・
marukei腰が引ける、恐怖感に襲われた、子羊なみの心臓なのだ・・・恐い!

距離7m~8m、真っ黒く見える巨体が見ていた・・・猪・・・大きい・・・唖然として逃げる用意のmarukei。
猪は暫くmarukeiを睨んでいたが巨体を左に向けて谷方向へ去った、marukeiの恐怖は去らない!

先へは行けない、小走りに戻った・・・考えてみれば昨年の冬、三角点を探して彷徨った谷だ。
動物のヌタ場もあった、寂しい場所だ、猪がいても何らおかしくは無い!

P1090373.jpg
 <昨年写した谷のヌタ場>

旧プール横のトイレで休憩、恐怖は去った、そして可愛い野鳥も飛んで来た。

IMG_2328.jpg

ルリビタキの雌、逆光だが写ってくれた、尾羽の瑠璃色が綺麗だ、普段の散歩に戻った。
帰りましょう、温かくて安全な我が家に!
いつものようにカワセミの池に立ち寄った、珍しく”コガモ”が遊びに来ていた。

IMG_2361.jpg
 <この池では珍しいコガモ、直ぐに飛んで行った>

前日のエナガが舞った池の淵にカシラダカ、凛として可愛い野鳥に先ほどの恐怖も忘れた。

IMG_2372.jpg

野鳥の多い場所、次はジョービタキの雌登場、藪から少し顔を出しただけだった。

IMG_2347.jpg

自宅から歩いて5分・・・幸せ場所の近くに住んでいることに感謝した。

少し移動すると今度はジョービタキの雄、赤い実を食べながらメスを呼んで囀る。

IMG_2376.jpg

こんなに野鳥を撮影しても10分そこそこ、いる所にはいるんだ、それとも恐怖を体験したご褒美かも?

満足して帰ろうかと思っていたら”ピィーッ”甲高い声、カワセミだ。

IMG_2330.jpg

100m先の高枝に停まった、”精悍の君”だった、暫くぶりの再会、元気な姿に一安心。
ご褒美だったと思うmarukei。

しか~し!恐かった、山で何回も遭遇している、5m位で対峙した時もある、妻を守ろうと構えた時もあった。
その時は恐怖より防衛本能が勝った、安楽な生活の現在・・・只々恐かった!

コメント

トラックバック