FC2ブログ

様子見・・・妻の優しさ

施設探しを始めたmarukei。
介護型有料老人ホームが近くにある、見学した、とても良いが費用がそこそこ高い。
空きも1人、申請しますか?家族と相談することにした。

散歩の途中にある住宅型有料老人ホーム(通称グループホーム)も見学した、少人数で自立支援型だ
アットホーム的で良い、が、満杯状態・・・悩んでいた。

母の薬が切れるので診察に行くことになった。
妻から言われた、”認知症の検査など相談してください”
      (結論は”続きを読む”の記事で)

出来るだけ長い時間家族で平和に過ごしてたいのが我々の本音。

IMG_2485.jpg

池で遊ぶ鴨たちのようにノンビリと過ごせれば良いが・・・



かかりつけで定期診察、血圧も高い、微熱も続いているがなんら問題が無いらしい。
認知症の相談をしたら、簡単なテストを実施して近くの公立病院の”物忘れ外来”にFAX。
テスト内容で診察予約になるか決める仕掛けがあるらしい、お願いした。

不安げな母に優しい看護婦さんから質問がでる、その内容をまとめた。

結果

満点は10点、最低は0点、結果9点、これだけ見れば大丈夫だが・・・質問3、2分も経過していないが
電車が出てこない、看護婦さんのヒントでようやく回答できたのが若干の懸念。
この後簡単な立方体の絵を写すテストで終了。

帰宅して母は自分の写真を整理し始めた、ハサミで切って捨てている。。。寂しげだ。

物忘れ外来はものすごく混雑していると主治医が言う、なまじの混雑ではないらしい。
全国屈指の老人比率の高い瀬戸市、予約がいつ取れるかも定かではないらしい。

この日もmarukeiは散歩の途中で施設を見学・・・近くで空は無い、少々落胆して帰宅して妻に見たことを報告。

(marukei)
  ・あせってもしょうがない、じっくり行こうか
(妻)
  ・お母さんもあれ以来一生懸命努力している、何とかならないの?
(marukei)
  ・物忘れ外来が予約できて、脳の画像検査など・・認知の結論がでるまで様子を見ようか?
(妻)
  ・是非にそうしてください、少しでも長く我が家で暮らしてもらいたい、私は平気ですから

何と・・・優しい妻だろう、この妻に逆らってよいわけが無い!
施設探しは中断することにした、心の整理が必要なので近所を散歩した、普段は気にもかけないキジバトが目に留まる。

IMG_2522.jpg

平和の象徴として扱われるハト・・・marukeiも平和というより平穏を望む、その心がハトに目が行ったのか?

その夜、夕食前に母の部屋を訪ねて、妻の言葉と結論を言った。

「ありがとう」「ありがとう」と何度も言う母、気丈だけど老いてゆく自分にガッカリして施設も仕方がない・・・
と思っていたのだろう、嬉しそうな顔をみて何も言えなかったmarukei。

悪口連発、脳に刺激を与えよう・・・などと不穏な考えが頭をよぎる・・・
暫くは施設から頭が離れそうだ、本格的な散歩再開ができそうで嬉しいmarukei。
  • カテゴリ:その他
  • コメント:4件
  • トラックバック:0件

コメント

トラックバック