FC2ブログ

悔しいが敗退(三角点探し)

瀬戸の北、上半田川地区を歩くことも多い、そして気になる三角点を地形図上で見ていた。
昨年に挑戦したが、地形図上の破線道が廃道となっていた、竹林の中の道がメチャクチャで歩きようがなかった。

最近、金峯神社のオーレンや畑の散歩、先日は県境をまたぐ林道歩きから笠原潮見の森まで歩いた。
今回は三角点2度目の挑戦となった。

IMG_2574.jpg

頭の中の地形図を便りに、荒れているが快適な尾根道を歩いてその場所には行けたが・・・・・
なにせ準備不足、あえなく敗退となった、そして変な斜面を登って股の筋肉も痛めてしまった。

イライラ解消でそのまま定光寺まで車で行き、途中から歩いて壮大な雪の山を眺めて帰った。


金峯神社に駐車、小さいながら参道のあるおごそかな神社だ。

IMG_2565.jpg

ここに来たらセリバオーレン、咲いている株が増えてきていた。

IMG_2567.jpg

神社脇から畑地帯へ続く道、ここに気になる分岐があり注目していた、普段は笹の藪だが冬に刈られた。

IMG_2569.jpg

地形図三角点から離れた地だが尾根へ向かう道があれば破線道と合流するかも知れないと思っていた。

・・・何のことは無い、笹薮を20m進むと荒れてはあるが太い道が奥に続いていた。

IMG_2570.jpg

歩く人はいないのだろう、落ち葉が積もってフカフカな道、靴が潜るほどだ。

IMG_2571.jpg

やがて直進と大きく左に曲がる怪しげな地形に出くわす。
直進したら藪と細い谷道になったのであきらかに違うことがわかり戻った、左は薄い道だが順調に登る。
そして右の尾根に登る道となった、どうやらこの道が地形図の破線道なようだ。

IMG_2575.jpg

整備された道では無いが快適な尾根道、天気も良い、嬉しい結果が待っていると信じて歩いた。
やがて右の山からの混合地点に到着、左は最高点らしきピークについた。
しかし三角点に向かう道など無い、そのまま進んだ、藪が出てきたり杉の森になったり・・・

IMG_2578.jpg

変だ!、下りが多くなってきた、頭の地形図と照合、やっぱり変なのでピークまで戻った。
このピークが三角点ピークと信じて雑木林に飛び込んだ。

IMG_2577.jpg
 <左の斜面奥が最高点と思う>

・・・探しても探しても見つからない三角点・・・20分以上彷徨った。
間違っているのか?地形図があっても広い場所を探すのはmarukeiの実力では困難、少しあきらめた。
入った道に戻って帰り始めた、100m戻ったあたりに右に入れる斜面があった、行ってみた、途中までは
歩けた、そして右の斜面奥が空けている感じになったが藪も凄いのでまたもやあきらめた。

帰る足取りは重かった、地形を読み違えたと思って別の尾根に突入した、強烈な斜面と道なき場所・・・
帰える場所もわからなくなって強引に谷に降りて戻った、股の筋肉を傷めた。。頭がおかしくなっていたmarukei。

痛む股をかばって降りてきた、冷静に戻ったが・・・悔しかった!
時間もあるので簡単に行ける三角点と雪山を見て帰ることにした、定光寺野外教育センターだ。
手前の道脇に駐車して強烈な”そよご坂”を痛む足をかばって何度も休憩しながら到着。

IMG_2589.jpg

marukeiがビビル展望塔の下にある三角点。(たぶん点名は大平?>

IMG_2590.jpg

これで溜飲を下げた、そして展望塔へ登った、素晴らしい景色に本日の悔しさを忘れた。

IMG_2592.jpg
 <恵那山>

IMG_2582.jpg
 <能合白山>

IMG_2583.jpg
 <別山と加賀白山>

IMG_2591.jpg
 <御嶽山>

IMG_2594.jpg
 <猿投山と西尾根>

IMG_2593.jpg
 <岩巣山群とmarukei散歩道方面>

満足したらトボトボと車に戻って自宅へ、そして自己反省会開始、地形図に軌跡をプロット。

図1

写真と記憶を重ねてプロット。。。間違ってはいなかった、でもなぜ見つけられなかったのか。
それは・・・

詳細

よくよく地形図を見るとわかった、三角点はピークではなかった、最高点の西よりにマークされていた。
ピークにあるものと早合点したのだ、1/25000地形図の1cmの距離は長い!
平らな広場は彷徨うだけだ・・・反省!

3度目の挑戦は味気ないのでやめにしようと思うが?
振り返ると失敗も楽しかった思い出となった。

コメント

トラックバック