FC2ブログ

目に映るものに癒されて・・・

母を迎えて4ケ月近くになった。

marukeiは母と暮らしたのは9年そこそこ、妻はなし。
どんな性格?、なにが趣味?、まるでわからない、ましてや高齢、毎日の経験から悟るしかない。

しかし老いてゆく現象だろうか、自分の事しか考えられない母、何もしない(できるのだが)のが当たり前。
家族と暮らすと言えばそれなりだが、実態は体の良い同居であることは間違いない。

それも三食とお世話付、只々寝ること、食べること、ため息つく事、自分の用事が無ければ話すことさえしない!
我慢の妻を見ているとせつなくなる、”人の心を失いたくない”一心で頑張っている。

妻を休ませて散歩に出た、見るもの映るものすべてに癒される毎日を過ごす。

IMG_2636.jpg

カウセミの池、アオサギ、マガモのカップル、泳ぐヨシガモ、カワウ、小さな範囲にそれぞれに生きる。
平穏そのもの・・・・癒された!



2/12に”物忘れ外来”の予約が取れた、結果はどうなるかはわからないが心は決まっている。
話し合って頑張れても2日が精一杯、直ぐに”うつ”の症状になる、そうなるとどうしようもない。

誰かが家に残って見守るしかない、が、当人は平然としている、そうした波の繰り返しでアルツハイマーが進むらしい。
都合の悪いことは忘れたふり?を決め込む、周りが疲れる、でもこれが現実。

ずーっと一緒に暮らしていたらもう少し理解できたかも・・・

いつもの午後の田んぼ道から岩屋堂公園に向かう、珍しくお隣さんに出会う、最近、脳こうそくを患った。
塩辛いものや血圧に気をつけることの指導を受ける、ケッ!高血圧ならmarukeiの方が先輩ジャ!何も撮る暇がない!

IMG_2600.jpg

冬枯れの渓谷道を歩く、静かな森の道、いやおうなしに何かを考えてしまう。

図1

治山工事中、岩巣と言う名の通り、岩が多い、頑丈なワイヤーで覆う工事が進んでいる。
この前写したお地蔵様・・・誰かが傾いたお姿を直してくれていた。

IMG_2599.jpg

被っていた布はマフラーに・・・相変わらず優しそうな顔にころが和むmarukei。

瀬戸大滝は水量もマアマア、流れは上部堰堤からなので少なく感じた、水の音だけの世界にたたずむ。

IMG_2601.jpg

寒いので公園に戻った、目の前、切られた枝の塊の中に小さく動く鳥、慌てて撮ったがAFが合わない・・残念。

IMG_2603.jpg

”ミソサザイ”山の渓谷の鳥、ここでは超珍しい、marukeiも湯の山の蒼滝、飛騨天生の籾糠山の2回しか見ていない。
美しい声の持ち主、冬場は里の渓谷にも降りてくるのだ。
 (ピンボケ写真ですが我慢してチョ!:姿かたちだけはわかる)

IMG_2605.jpg

なんとか撮ろうと頑張ったが出てこない、そして居なくなった、あきらめてカワセミの池に向かった。
空を見上げると飛行機雲・・・それも3本、何を見ても癒される。

IMG_2617.jpg

池の手前、セイタカアワダチソウが群れる枯れた斜面に黄色い実、普段は気がつかないのだが・・・

IMG_2618.jpg
 <枯れたブタクサに雑草の実がからむ>

心の有り様がキョロキョロさせるのか・・・やはり何を見ても癒される。
池に到着、暫くの間はカワセミのポイントには行かないことにしている、静かにしておいてあげたい。

道沿いから池を眺める、鳥達が遊ぶ光景が見える。

IMG_2621.jpg

潜って出てきたら羽根を乾かす、偉そうに・・・少し上向きの姿勢で羽を広げる。
羽根だけ望遠してみた。

IMG_2623.jpg

生きるためとはいえ素晴らしい造りの大事な羽根・・・孔雀のようにお飾りではない、機能美なんだ。

目の前で”地鳴き”静かに見回すと

IMG_2640.jpg

カヤの間に”ウグイス”可愛いですゥ~!、ウグイスは全て雌だと信じてみたい・・・相変わらずお馬鹿な妄想。

そして本日も大好きな大好きなお嬢様が現れた、marukeiを待っていたのかも?

jo-bi.jpg

可愛いモデルさん登場に浮き浮き、そして生き物たちに癒された。

帰って夕食づくり、メニューは未定、妻と相談して作ります、今晩も”お通夜の食卓”、我慢、我慢!

コメント

トラックバック