FC2ブログ

行き先に困ったら海上の森へ

毎日同じ道も良いが飽きることもある、アァ~今日もこの道かなどと贅沢になることもある。
そんな時は海上の森、ここも歩きつくしているが自宅周りと同様に野鳥が多い。

のんびりと野鳥を探しながら歩くことにした。

IMG_2664.jpg

四ツ沢から篠田堰堤方面の分岐でいきなりのお出迎え・・・相性が悪かった”ルリビタキ”の彼女。
愛くるしい姿で現れた、本日は歩きのコース選定抜群、この娘だけで20枚は撮れた・・・が、歩留まり悪し!
まだまだ鳥撮の腕悪し!


目の前10mの小枝と藪を行ったり来たり、ツンとして愛くるしい、ときおり”ピッ”と鳴いていた。

IMG_2668.jpg

分岐から第二海上川を遡って堰堤近くまで歩いたが野鳥には逢えなかった、分岐に引き返して
篠田池に向かった、池まで行く気がなかったがキョロキョロしていたら池に着いてしまった。

IMG_2670.jpg

池にはハイカーがお二人、ハイクにしてはりっぱな装備です、marukeiは空身・・・なんとなく気恥ずかしい!

御多分にもれず篠田池も水抜き中・・・2~3日でカラカラになる、見ても仕方ない景色になってしまう。

来た道を戻るのもシャクなので外周道路からショートカットで林道へ出ることにした。

IMG_2671.jpg

森は寒い、水たまりや湿地は”スガッコ”の世界、踏むと”パリッ”と音がして冬らしい、嬉しくなった。
この道は自生のモミジが多い、秋はヒッソリと美しさを堪能できる場所。

以外にも野鳥が多い、シジュウカラやエナガが飛び回る、なにせすばしっこい・・・
marukeiのフアインダーに収まるカラ類はいなかった、かろうじて撮れた森の虫さがし名人。

IMG_2683.jpg

そしてルリビタキも登場、いる所にはいるもんだと感心したmarukei。

IMG_2680.jpg

のんびりと探鳥していたら後ろから大きな声のカップル、先に行ってもらって進んだ
前方で大きな話声がした、先ほどのカップルと老齢のカップルが話し込んでいる、老齢組は海上のベテラン風
道などを教えていた模様だ、marukeiはさっさとショートカット道に入った。

IMG_2694.jpg

この道を歩いた記憶はあまりない、最初は湿地を横切る。

IMG_2695.jpg

小さな沢を渡ると人工林、変化の少ない単純な山道となるが静かだ。

IMG_2696.jpg

ムム!・・・後ろから大きな声、先ほどのカップルがmarukeiについてきた、手にはガイドプリント持参。
抜いてくれれば良いが追いつくとゆっくり離れる・・・marukeiを道案内として使う気だ。

やがて林道へ出た、海上サテライト方面に歩く、彼らも一定の距離でついてくる・・・
海上池に向かうと、一瞬戸惑っていたが同様に分岐を入ってきた・・・ここからmarukeiらしい行動をとった。
  理由:声が大きいのでウルサイ!・・野鳥の声も聞こえないので静かな環境が欲しかった。

池の入口から山に入った、彼らには見えない、細い山道を歩く、最後の急坂は毎度疲れる、ヒィヒィ!

IMG_2697.jpg
 <ヒィヒィ坂と名付けた>

堰堤脇を固定ロープで降れば往きに来た第二海上川、四ツ沢の分岐までのんびりと歩いた。

最後にヤマガラが木の種を上手にはさんで食べる姿を見ることができた。

IMG_2689.jpg

小さな足で上手に挟んで

IMG_2690.jpg

美味しそうに食べる。

約2時間のノンビリした鳥撮ハイキング、やっぱりおやつが欲しい、今度はお茶とおやつを持参しましょう!

コメント

トラックバック