FC2ブログ

雪が無ければ春の様相

今朝から大雪の我が家、フェンスや車には10cmの積雪、引きこもり決定!
瀬戸でも多治見に近い場所、そして風の通り道、街中より3cm以上は雪の量が多い。

それでも雪が無く晴天で温かい日の里山は春の様相、先日散歩した里山の春の様相の一部を紹介。

IMG_2950.jpg

田の土手のオオイヌノフグリは所狭しと花の領域を広げて行く、もうすぐ全面に広がるだろう。


毎日のように歩く道、飽きたと言えばそれまでだが歩けば楽しい。
いつもの田んぼ道、岩屋堂の寺経由、カワセミの池、お決まりのコース散歩となった。

田んぼの入り口、ジョービタキが廃屋の何かの箱の上で鳴いていた。

IMG_2949.jpg

タキちゃんかも知れない、いつも逢う場所と直線距離は100mと変わらない、でもなにか寂しげに見えた。

田んぼの土手は春の花が増えていた、フグリそしてハコベ、小さくて白くて可憐な花。

IMG_2951.jpg

寒さで枯れていたナズナも増えている、春の七草、土手だけ見れば春だ。

IMG_2952.jpg

春の様相の田んぼを後にして寺に向かった、四季桜が頑張って咲いていた。

IMG_2953.jpg
 <珍しく良いボケ具合に撮れた>

寺の境内でセツブンソウを探した、もう出ても良いころだが・・・マダマダ影も形も無かった。
寺の境内は春の様相ではない、落ち葉集めのホウキと山門の景色に不思議に感動した。

IMG_2954.jpg

カワセミの池に向かう道は野鳥の道でもある、キョロキョロと見ながら歩く。

メジロ、シジューカラ、アオジが楽しませてくれる道。

IMG_2960.jpg
 <メジロ>

IMG_2957.jpg
 <シジューカラ>

IMG_2964.jpg
 <アオジ>

野鳥の種類は豊富ではないが小さな野鳥たちには何時でも癒される。
池に到着、早速”タキちゃん”と声を出したが現れなかった、田んぼ近くの彼女がタキちゃんだったのかも?

池はカワウとヨシガモたが遊ぶ光景、フーレームに全て収まるのは珍しい。

IMG_2956.jpg

ヨシガモ達は同じ場所をグルグル回ったいる、何をしているのかな?

IMG_2955.jpg

赤いクチバシのバンも仲間入りに向けて寄ってきた、こちらまで楽しくなる、光に輝いて美しい鳥達。

カワセミもいない、タキちゃんもいない・・・帰ります、引っ越しの準備を急がなくちゃ!

(追記:本日8:50分の我が家の外、大雪です、降り続いています)

IMG_3108a.jpg

IMG_3109b.jpg

車には10cm、道路は凍っていないが・・・お出かけ不能となりそう!

コメント

トラックバック