FC2ブログ

里の散歩、いつもの道編

焼物の小道から川沿いの畑経由でいつもの散歩道へ。
午前中とここまでの距離の足し算、距離があるのでさすがに足がくたびれてきたが、田んぼを通って
お寺に立ち寄って野草を楽しんだ。

IMG_3345.jpg

浄源寺の裏山に咲くシコクバイカオーレン、セリバオーレン、境内の福寿草と節分草を楽しんだ。


鳥原川沿いの畑の中を歩いた、肥えた土は雑草の花盛り。

IMG_3342.jpg

ヒメオドリコソウ、ホトケノザ、オオイヌノフグリが所狭しと花の競演、鮮やかな土手だ。

違う場所にはハコベの小さな白花たちが咲き誇る。

IMG_3343.jpg

季節の移ろいを感じる瞬間、小さな生命が土の上にみなぎる。

田んぼ道に入った、土手にツグミ、撮ってやろうとしゃがんだ、その瞬間、不覚にも「水戸〇〇様」から大きな音と
ともに毒ガスを放出してしまった。

運悪く風上、風下にいたツグミ・・・音か匂いかは不明だが慌てて飛ばずに走りさった。(恥ずかしい!)
昼に食べた”カップ焼きそば”の消化不良、お腹もグズグズしてきた・・・誰も居ないが”居住まいが悪い”ので
サッサと歩いて岩屋堂へ向かった。

お寺に立ち寄ったら住職が盆栽の手入れ中、声をかけて裏庭の立ち入り許可をいただいた。
久しぶりにシコクバイカオーレンとセリバオーレンを撮影するがための許可。

バイカオーレンは花の終期が近い状態、セリバオーレンは最盛期だった。

IMG_3347.jpg
 <シコクバイカオーレン>

IMG_3350.jpg
 <セリバオーレン>

たっぷりと楽しんで、住職に御礼を言ってお墓の近くで福寿草と節分草の観賞。

IMG_3359.jpg

節分草は新しく4株開花、全部で6株に増えていた、盗掘もなかった、一安心。

IMG_3357.jpg

福寿草も開花、華やかな黄色の世界。

IMG_3358.jpg

温かさと花の蜜に誘われて小虫たちもうごめきだした、春だ!春だ!春だ!

十分に楽しんだので帰途に着く、料理屋の玄関先、家人がつくるアートが替わっていた。

IMG_3360mnb.jpg

ヨシズのスダレに植木鉢と花・・・粋なキャンバスアート、家人のセンスは抜群。

お腹が痛くなってきたので急ぎ足で帰る、池にはタキちゃんも居なかった。
エナガが一羽、単独とは珍しい、逆光で空抜けになってしまった。

IMG_3362.jpg

久しぶりの長い距離、6km以上の散歩、足は大丈夫だったが腹をこわしてしまった。
歩ける喜びをかみしめた1日だった。

コメント

トラックバック