FC2ブログ

飲み会に乗じて歩いた・・(瀬戸市街歩き:前篇)

4ケ月ぶりの飲み会、午後6時半集合、場所は尾張旭市三郷、折角の機会・・適当な場所まで歩くことにした。

IMG_4488.jpg

さすがに自宅からは遠すぎる、奥様に送ってもらった、自宅から車で7分少々、古瀬戸地区
陶祖公園前、瀬戸に住んで30年以上たつが初めての訪問となった。



折角に歩くのだから街中ではなく少し離れた郊外の様子を撮りながら歩ければ幸い。
離れたと言っても極々街中に近い路地が最適、瀬戸は細い路地と坂の町、それなりに撮れれば良い。
そして瀬戸川を歩いて桜並木を鑑賞できればもっと良い。

陶租公園の入り口は半年前から改修工事で通行止めだったが最近終わった、改修された階段。

IMG_4489.jpg IMG_4490.jpg

瀬戸市らしい改修工事、瀬戸物釉薬を使った陶板が階段に埋め込まれていた。
黄瀬戸、織部、志野など等、改修に時間を要した理由があった、ナイス!

歴史を紹介する建物があったがここでは紹介しない、是非に訪れて見ていただきたい。
急な坂道の先は公園、市民憩いの場所にしつらえられていた、小さな子供が座って微笑んでいた。

IMG_4497.jpg

お母さんに声をかけられて照れくさそうにしている仕草にmarukeiも微笑んでしまった。
彼の向かいには小さな檻、お母さんに抱かれた幼児が檻の中の動物に釘付け状態。

IMG_4498.jpg IMG_4499.jpg

ニホンザルの檻だった、ノリコとかアイコとか・・・雌の猿が飼われていた、30年以上住んだがこんな近くに
こんな公園が・・・灯台下暗し状態のmarukei。

染井吉野と雪柳が青空に浮かぶ公園。

IMG_4500.jpg

幼い子供を連れたお母さんたち、お孫さんを連れた爺さん婆さん・・・幸せだナぁ~!
公園反対側の出口からは市内の展望があった、デジタルタワーをのぞむ風景。

IMG_4501.jpg

ここからが本番、なるべく細い路地を選択、行きあたりばったりの歩き、期待を裏切らない路地の有り様。

roji1

昭和の朽ちた建物、道には陶磁器の捨て物、奥の廃屋に続く階段・・・瀬戸のありのままの風景。

IMG_4503.jpg

朽ちた電気配線BOX、トタンアート、からまる蔓、好きな人にはたまらない光景だと思う。
路地を繋いで郊外へ向かう、次は観光案内で紹介されている焼物長屋に向かった。

IMG_4510.jpg

少し有名なギャラリー”くれい”久しぶりの訪問だったが・・・観光紹介地だが相変わらずのローカルさ。
これが良いんだナァ~!という方々が多いのだが・・・郊外と寂れた地区に住むmarukei・・まだ良い方だ
と思った、ギャラリーの入り口に工芸品の展示物。

IMG_4511.jpg

作家が作る陶芸品、自主運営の長屋、それぞれに努力をして個展などを催しているらしい。
我が地区に近い赤津や品野の工房とは少し違う感じを受けた。

長屋からもっと郊外に向かった、瀬戸の街中を完全にパス、今度は陶器の原材料を作る地区、常に白い通り。
理由は圭砂、微粒子・・・呼吸器に影響がでそうな埃も多い。

IMG_4515.jpg IMG_4507.jpg

”背戸側町”不思議です、瀬戸市に背を向ける側の町・・・何と解釈したらよいか・・・

電線にツバメ、早くも初夏の到来!

振り向けばこの景色。

IMG_4514.jpg

古い工場、先には我が住処の岩巣山の稜線が見える、ホット一息つけた、かなりの距離を歩いていた。
峠を越えて原材料生成地区に向かった。。。まだ先が長い、ビールまでは程遠い距離が残っている

・・・次回に続く・・・

コメント