FC2ブログ

裏から歩いた海上道

少し長い距離を静かな環境で歩きたかった。
どこに行こうか迷いながら自宅を車で出た、猿投の森に向かう山路町の空き地に停車。
結局は裏道から海上の森を歩いた。

IMG_5240.jpg

水が戻った海上池、緑がもっと濃くなれば雰囲気が良くなる。

前半は人にも会わず、静かな森の道を堪能、後半は野鳥たちに出会いながらの散歩になった。



猿投の森、海上の森、どちらにも行けるように途中の空き地に置き車した。

IMG_5183.jpg IMG_5186.jpg

左に行けば猿投の森、右に行けば海上の森・・・迷っていたmarukei・・・石を投げたら海上方面に転がった。
決定、右に進路をとった、此処は海上の裏側、ここから海上に入る人は殆どいない、マイナーな入口だ。

花も無い人工林の林道、静かだ、空気もヒンヤリ、marukei好みの道を行く、頭の中でルート決定。

urakaisyo0422.jpg

反時計回りに周回、上図の通りに歩いた、歩行沿面距離は約6.8km、丁度良い距離だった。

林道から篠田池に向かう森の道に入ると少々だが花があって気がまぎれる、この道は長い。

IMG_5190.jpg
 <アオダモの木>

IMG_5192.jpg
 <ヤマザクラ>

篠田池に着いた、静まり返った場所にウグイスの声が響く・・・気持ち悪いほど静かな池。

IMG_5198.jpg

ウグイスを探した、池の側、小さな木の葉の中で囀っていた。

IMG_5201.jpg
 <ウグイス>

ここまで1時間、余裕シャクシャク、予定通りに四ツ沢に向かった、この道に入ると人とすれ違う機会が多くなる。
カメラと三脚の人、双眼鏡の人、挨拶を繰り返して降った、途中、エナガの鳴き声、目を凝らした。

IMG_5210.jpg

相変わらずジットしない、忙しく飛び回る・・・やっとこさで1枚・・・疲れる。
すぐそばでコゲラが木をつつく音。

IMG_5203.jpg

このこもジットしていない、つつきながら上へ上へ木登り・・・疲れる。

四ツ沢に近づいた堰堤、左の斜面一杯にチゴユリが咲いていた、日当たりの悪い場所の方が清楚に咲く。

IMG_5215.jpg

花の名前も可愛いが実際の花も清楚で可愛い、好きな花だ。

小さな沢から野鳥が飛び出して枝に停まった。

IMG_5218.jpg

オオルリだった、写してる途中で彼は飛んで行った・・・羽が微妙に動いている様が写っていた。
今年はオオルリの数が多い、昨年よりも倍以上の個体が渡ってきているのかもしれない。

四ツ沢からメインストリートで海上の里へ向かった、さすがに人通りが多い。
10人、5人・・・団体さんを含めてたくさんの人が帰り道を歩いてくる、marukeiは逆方向だ。

IMG_5233.jpg IMG_5236.jpg

コガマズミやモチツツジを見ながらノンビリと歩いた、海上の里はまだ春、田に手もついていない。
サテライト前の田んぼはレンゲの花で賑わっていた。

IMG_5237.jpg

サテライトは掃除のおじさんが掃除機で清掃中、機械音が静寂をかき消す、不思議な光景だった。
海上池に向かうショートカットの山道に入った。

IMG_5224.jpg

枯れた木の種を啄ばむメジロ、可愛い!!

海上池は水が戻っていた、三脚のカメラマンが撮影中、静かに池をあとにした。
林道を真っ直ぐに歩くだけ・・・だが、海上の里からズーット登り、車まで続くので少し休憩した。

IMG_5269sa.jpg IMG_5266.jpg

休んでいた場所の大きな木は小鳥の通り道、キビタキやセンダイムシクイなどが行き交うが逆光で暗い
かろうじて撮れた”サンショクイ”、初めての遭遇(帰って図鑑調査で判明)、スマートな野鳥だった。

そして地面には・・・マムシではア~リマセン!、テンナンショウ、別名マムシ草。
草の皮だけ見たらギョッ!としそうだ、楽しく写したら休憩終了、篠田分岐の手前に着いたらオオルリが近くで囀る。

IMG_5262.jpg

IMG_5259.jpg

やはり今年は個体が多い、見放題撮り放題状態、この辺の森に行けば必ずいそうだ。
こんなに撮れればありがたみが無くなるなどと贅沢な気持ちのmarukei。

ヒィコラと登り一辺倒、右足の巻爪が食い込んで痛い、帰ったら千枚通しで食い込んだ爪をむき出さなくちゃ!
約3時間、早くもなく遅くも無いペースで歩けた、意識しなくても野鳥も見れた裏海上道。

真夏でも早朝なら本ルートで快適に歩けそうだ。

コメント