FC2ブログ

ケムシ・・・嫌!、海上の夏(2)、昆虫編

毛虫ショックはあれど撮るものは撮りたい、カメラを変えて望遠やマクロが機能UPして以来小さな生き物に
興味をもった、幼い時は名の知れた昆虫ばかり追いかけていたが最近は葉に停まる生き物たちにレンズを向ける。

#MG_7056
 <湿地に遊ぶハッチョウトンボの♀>

♂ばっかり焦点を当てていた、一円玉とほぼ同等、小さなトンボ、♂は真っ赤で目立つが地味ながら♀も綺麗だ。
特に尾の節々の色が鮮やか、目立たないので探すのは一苦労、彼女のファンになった。



本日の目的の蝶トンボは居なかったが昆虫狙い、蝶やトンボを撮って散歩の価値あり。
ケムシのショックはあれど目につく生き物たちを撮影した。

撮った写真を羅列した。

(トンボや地蜂)

#MG_7032
 <撮影:三角点に向かう尾根道>

食物連鎖、強いものが弱いものを食べる・・・同じ地蜂どうし、自然の輪廻だが・・厳しい!

#MG_7065
 <撮影:吉田川沿い>

ヤンマ、陽ざしが強い、隠れるところが少ない草原でお休み中、羽が少し痛んでいた。

#MG_7053
 <撮影:屋戸の湿地>

細くて小さな糸トンボ、繊細な色が美しい、なかなか止まらない、ずいぶん時間をかけて撮影。

#MG_7045
 <撮影:屋戸の湿地>

やはり♂、派手な赤のハッチョウトンボ、かなり暑いと尾っぽを立てるが今日は立てていない、それにしても小さい。
  (焦点距離:215mm、倍率:125倍、距離:3m・・・小ささがわかるデータ)

(蝶や蛾)

#MG_7058
<撮影:林道に向かう尾根道>

マダラ蛾、毒々しいが蛾らしい姿、嫌と言うほど数がいる、ケムシのほとんどがマダラ蛾の幼虫か?

#MG_7024
 <撮影:駐車場>

テング蝶、海上ではスタンダードな蝶、いつでも見れる、羽を広げると綺麗なオレンジ模様の蝶。

#MG_7067
 <撮影:吉田川沿い>

茶羽セセリ蝶、昨年までは蛾だと思っていた、種類はたくさんあるが、この茶羽が一番美しい。

#MG_7122
 <撮影:四ツ沢奥>

ルリタテハ蝶、久しぶりの出会い、相変わらずのルリ色の文様、春の早い時期から楽しませてくれる。

暑い暑い海上の夏道、ケムシのショックを引きずっても魅せられ撮影した昆虫たちに感謝!!!

  ”写真を撮る、後々まで楽しめる・・・本当にイイナ!”

コメント